自分なりの表現方法

東大阪、やえのさと(八戸ノ里)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。

クリスマス用ギフトのクッキー缶がよく売れています💓

ブールドネージュ(スノーボール)はクリスマス時期によく食べられるお菓子。

自分が好きだと思ったものを作って、それがお客様にも伝わる時、本当に嬉しくなるんです。

で、調子に乗ってまた勝手に試作したけど、ちょっとイメージ違ってた。
まっしろしろすけで一部こんがり(笑)
ココナツメレンゲなんですけど、なんか愛嬌があります(*´▽`*)

wp-image-1037541279jpeg.jpeg

wp-image-1296942313jpeg.jpeg

クリスマスラッピングで聖夜を彩ります。
クリスマス時期には作り足しできないので、お早めに。

お菓子作りが何より楽しくて、ワクワクが止まらなかった中学、高校時代。
自分の作ったもので、家族や友達がすごく喜んでくれることが嬉しくて、まるで自分が魔法を使えるようになったかのような気分でした(笑)
これを仕事に出来たらどんなに幸せだろう💓
って思いました。

お菓子屋の見習いとして働いていた時、
当時お世話になっていた尊敬するシェフが、

「お菓子は上手く作れて当たり前、それを自己満足ではなく自分なりの表現方法を見つけてお客様に喜んでもらえる事をいつも考えなさい。」

っておっしゃいました。
いままで何人ものシェフにお世話になった中で共通するのはこの点です。

エクスマ(エクスペリエンスマーケティング)の藤村先生もいつもおっしゃってますね。
これに尽きるんだと思います。
人生で出会う人すべてが先生で、学びを得ながら前に進みたい。

まだまだ道の途中、これからもお客様に喜ばれることを探し続けようと思います。

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA