ケーキと絵の関係

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。
寒い時は掃除をすると体が温まりますね。

というのとは、全然関係のない話ですが・・・。

なんせ手描きが好きなんです。(手抜きの絵で恥ずかしいですが(〃ノωノ))
私が社会に出始めたのは今から、

えっと、

27年ほど前。。(大昔やん!!)計算するのに時間がかかったわ!!(笑)

世はバブル景気終焉頃、世の中はまだ少しバブルを引きずっておりました。
世の中のアナログなものはもう時代遅れなんだという風潮がありました。
アナログな物とは手書きのもの。
お店のプライスカードなども、印字されたものが使われるようになってきました。
POPメーカーのセールスに来た営業マンなどにさんざん手書きは古い!と指摘されました。
それも一人や二人ではなかったです。
なぜ手書きが嫌われるのか訳が分かりませんでした。

それでもまだしつこく手描きを続けています(笑)
むしろエスカレートしています。
根に持つタイプです(笑)

紙の上にインクがのっていく感触。
ブラックボードの上でチョークがかすれたりゆがんだりしながら、粉っぽく描かれていく感じ。
そんなのがゾクゾクするくらい面白くて時間を忘れます。

ケーキ職人なのに絵を描くんですか?って言われます。
でも実はよく似ています。
出来上がったケーキが可愛いから、絵に描きます。
ウへへへへ💓って言いながら描いてます(笑)
なかなか上手く書けないけど、珍しく上手く書けたらいつまでも眺めています(笑)
絵は、お菓子の魅力的な部分をより引き出す事が出来ます。
それによってお互いの魅力が増す。それが理想です。

来年からまた新しい試みを始めます。
やりたい事がいっぱいあります。
出来ないだけで(←え?)(笑)

本当は絵が好きって言うより、上手い人に憧れているだけかもしれません。
そういう人のフリしたいんです。

今日もお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA