エクスマセミナー行ってきました。

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。

今日は、大阪産業創造館でのエクスマセミナーに参加しました。講師は藤村正宏先生「つながりの経済」についてです。

まず始まってから間もなく先生の一言。
「ブログは毎日書いた方がいいです」

あ、あれーーーー(^^;)

私、今朝公開したブログで、毎日書くのをやめますって公言したばっかりだわ💦
はい、冒頭からつまずいちゃってます(笑)

そもそも私は小さな商店街に佇むごく普通のケーキ店、そこの商店主の嫁にすぎません。その私がマーケティングを学ぶのです。正直今までマーケティングなんて大きな会社や一流企業のトップが会議室で議論するもの。って思っていました。小さな店でももちろん売り方の考え方はありますが、それはいちいち頭で考えるものではなく、勘とか見よう見まねみたいなものが大きかったです。

安くしたらお客さんが喜んでくれるかな?とかお得意様にはサービスしなきゃとか。でも今は文明の利器が急速に発達して私たちの生活を激変させています。スマートフォンの普及です。かなり時代の変化に疎い私達夫婦でも、さすがにそれには気づきました(笑)

周りの人達みんながスマホの画面に夢中になっている。テレビなんか見ない。新聞も本も。

 

私は長い間アナログこそ価値あるものだと考えてきました。っていうか私にはそれしか出来なかったんです。手作りケーキのアナログさときたら相当なものですから。。。でもアナログだからこそ、その良さをちゃんとデジタルで伝えなければならないと知りました。

スマホの普及のおかげで、一般人が無料で使えるツールが揃っています。これを利用して自分の顔が見える発信をしてお店の価値を伝えましょう。というお勉強です。

 

「異業種や同業者間の争いとか、戦略とか戦術とか、囲い込みだとか、お客様の気持ちを無視したようなマーケティングでは世の中は悪くなるばかりで何の意味もないんだよ!」

先生の言葉がいっそう強くなったのはここのところ。

藤村先生の本やブログを読んでいるので、初めて聞く言葉ではないんですが、何度も何度もセミナーを聞きたくなる気持ちが分かりました。そのたび気づきが違うんです。時には、より確信を深くしたり、または違う意味をもって聞こえたり、印象に残る部分も違います。


最後にこの言葉で締めくくられます。きっと先生自身は何十回何百回となく繰り返していらっしゃるんでしょうけど、それはただの締めの言葉でなく、心を込めた思いとして胸に強く響いてきます。この言葉が好きです。

いくら効果的でも、いくら儲かる方法が他にあったとしても、
自分が納得のいく、自分の心にウソをつかなくてもいい思想で仕事に望める環境でないと幸せにはなれないと思います。逆にその思想さえあればもう後は実行するだけです。

この仕事を与えてくれたお客様、一緒に学ぶ仲間たち、そしてこのエクスマと出会わせて下さった清水社長に感謝するのみです。

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA