アナログ+デジタルの世界

今朝は前の日のうちに黒板が書けなかったので、朝書こうと思ったらシェフに
「外で書きーよ(^^♪ねえねえ」
って言われて、この寒いのに外で書きました。
ほんで撮られたのがこの写真。。

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。

モンガトウのお隣は八百屋さんです。
くまモン前掛けの彼は熊本出身、実家は青梗菜農家だそうです!

 

ええ、外で書く方が広告効果が高いです。分かってます!
自ら看板になれといいたいんでしょ?

はいはいやればいいんでしょ( `ー´)ノ

好き放題書いてますけど(笑)

ある偉い先生の有名な言葉をオマージュしてますよ(*´▽`*)フフフ

 

実は10年くらい前にブラックボードを書くことに熱中していました。
この鳥やチョコのモチーフは、実はそのころ描いたものです。

でも黒板ってなかなか見る人も少なく、反応もなく、そのうちやめてしまいました。
道行く人は忙しく、黒板などに目を留める人はなさそうでした。
反応がないと続けられませんでした。

でも、また最近描き始めました。
SNSでよく見かけるようになり、それが面白かったんです。デジタルの世界で目をひく手書き文字。
筆跡で、描いた人を思い浮かべることが出来る書き文字。

看板を書くとSNSに投稿します。ネタになります(笑)
見る人の目を楽しませることが出来れば嬉しい。アナログ+デジタルの威力は最強だと思いました。
18年くらい前、初めてパソコンを買いました。
Windows Meの時代でした。
デジタルが大っ嫌いだった私は、買おうとするシェフに猛反対しました。
「私達はアナログの極みの手作りお菓子で生計を立ててるのに、なんでデジタルの世界をとり入れるの?!デジタルじゃないことが私たちの強みじゃないの?」って。

デジタルが生活に入ってくることによって、アナログな生活が脅かされるんじゃないかと思ったんです。(いや、そんな事ないよねw)

今、SNSがある事によって看板の意味も変わりました。
黒板の意味が大きくなりました。

もう、道行く人だけのものじゃない。

あとは外が暖かくなって、私ももう少し上手になってさらさらと描けるようになったら外で書けるように頑張ろう。。
いや、上手になってからじゃなくてすぐやろう。
ダメだったら変えればいいんだから。

いや、やっぱりもう少し暖かくなるまで待って。。。(;^_^A

今日もお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA