直木賞作家に倣う

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋、モンガトウの嫁で菓子職人、ナガオクミコは、いつもここまで書いた段階では何も考えてない事が多いです
img593d057fzik8zj

まあ、いつもこんな感じですよ(”_”)

 

思いついてから書こうなんて思ってたら、いつまでたっても書けないのです!
ひーーー💦
ないならないと書けばいい(笑)

 

さて、最近年齢の事ばかり言ってますけど、アラフィフなんですけどね(笑)これを前提としましてですね。最近の投稿は結構な中二病やね。と自分でも思う訳です(;´∀`)

以前読みましたのは林真理子さんの文章の書き方の本。タイトルは忘れたんですけどね。まだ娘が中学校くらいだったんで、読んでみて良かったら娘にも教えてあげようかと、軽く考えて読んだんです。ちょうど学生向けに書かれた本のようでした。
内容のほとんどは忘れてしまったんですが、ひとつだけ心に残ったのは。

「作家になったつもりで、ちょっと気どって書きましょう。」

これだけ覚えてる(笑)
という訳で、時折見える私の中二病的な文章は、林真理子先生のせいです!(笑)

 

 

どこが中二病やねん(”ω”)ノ
年相応の夫婦倦怠期ツイートでした!!

まさかのここで終わる気か!!
そのまさかです!

お読み頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA