新種ぶどう

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店モンガトウの長尾久美子です。

昨日、偉そうに傘の進歩のなさを嘆きましたが、このまま終わると性格が悪いと思われるのでいいことも書きます(笑)
逆に進化目覚ましいものと言えば、農産物の品種改良です。

園芸植物や、野菜、果物。。。
お菓子には果物と、一部野菜を使います。私がお菓子を勉強していた頃習った品種とは全然違います。
日本の農業の技術は世界でもトップクラスです。
新しい品種がどんどん生まれ、スーパーにも並び始めます。ちょっと食べずにいるとすぐに知らないものだらけになります。その果物の特性を知らないとケーキにも使えないですからなるべく買って食べてみるようにしています。ずっと勉強です。

最近改良目覚ましいのは、プラムとぶどう。。
プラムはシーズンが終わりましたが、今はぶどうです。

シャインマスカットや瀬戸ジャイアンツ、皮ごと食べられて、種もない。神様が作ったんですか???!!!
私が若いころは巨峰やマスカット、デラウエアくらいしかなくて、ケーキに使う時は必ずひとつひとつ手で皮を剥いていました。それが今では!
薄い皮はプリッと弾けて果肉の水分は多すぎないので汁がはじけ飛ぶような事もない。
種がないので種周りの酸っぱく水っぽい部分もない。
ちょっと前まで甲斐路のおいしさに感動して、これ以上のブドウはないと思ってたのに。

外国産の安くて食べやすいぶどうがたくさん入ってきた時、日本の高くて品種の少ないぶどうは太刀打ちできないんではないかと思いました。それからの日本のぶどうの追い上げがすごかったように思います。
私達のようなお菓子職人や、あと料理人など、食材を扱う人はお菓子や料理を考えるあいだに農産物に魅せられる人が多く、農業の道へ進んでいった人を何人か知っています。
そんな尊敬できる農家の人達のためにも、私たちは果物を無駄なく使い、最大限にいいところを引きだし、お客様にいい状態で食べていただけるように考えています。
こうすると美味しいんだ。っていう発見に至るまで、

 

 

 

試食します!!!(*´▽`*)

いや、これ仕事だから!
うまいっ!しか言ってないけど💓

めっちゃ真面目に書けたのにーーーー
ついオチをつけてしまうわーーーー(≧▽≦)

はい、今日はここまでです。
今日もお読み頂きましてありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA