休日短ブロ

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。
定休日は私の実家に来ておりました。

 

 

新しい仲間が増えていました。
小桜インコのぴーちゃんは、まったく名前を考えないまま付けられたようです!

もう手乗りインコって言うよりスマホ乗りインコです(笑)

wp-image-629583305jpeg.jpeg

スマホが好きすぎです(笑)

鳥の彫刻用に飼ったって言ってますが、絶対ただの愛玩用ですね、これは。

 

自宅脇の父の木工の作業場です。前回は設計図だけだった四天王の増長天が仕上げ段階でした。
最近は注文ではなく、自分の好きなものを彫るスタイルらしいです。

大丈夫か下のひとーーーーー!!!

容赦ないけど邪鬼をこらしめる神様なんでこれでいいみたい(;^_^A

木工がお好きな方 父のホームページ「クラフト千早」

お休みブログはこれで以上です。みじかーーーー(;´∀`)
お読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

魅力的なクリームを挟んだお菓子

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)は近鉄難波から普通電車で15分、八戸ノ里下車3分一度はおいで(^^♪
クリームを挟むお菓子ってなんか好きです。

チョコのマカロン

バニラのマカロン

クリーム山盛り(*´▽`*)
普段4gのところなぜかシェフは6gに増量!
春のマカロン祭りですか?(笑)

クリームを挟むお菓子は他には、
wp-image-1389792860jpeg.jpeg

ブッセ
ダクワーズ
レーズンサンド
シュクセ
トロペジエンヌ
えーっと、あとは。。。

ゴーフル
オレオ
ビスコ
どら焼きは?!(笑)

なんかだんだん方向が変わった!!(≧▽≦)
そのうちはがして食べるものは?

マカロンーはがさない(壊れやすいからはがせない)
ブッセーはがさない(貼り付いてるからw)
ダクワーズーはがす
レーズンサンドーはがす(レーズンの数を確認w)
シュクセーはがす(なんとなくw)
トロペジエンヌーはがさない(生地が柔らかいから)
ゴーフルーはがす(難しさに挑戦!)
オレオー必ずはがす(法律やん?w)
ビスコーはがす(はがさないとクリームが少なくて味がしないから)
どら焼きーはがさない(和菓子職人さんに怒られそうだから。。。)

なに書いてんねんやろ…私。
あくまで私の食べ方ですから、知ったところで何の役にも立ちません。
ただ皆さんとはがし方に違いがあるか知りたいだけです。
生地が柔らかいものははがせないけどそれ以外は基本はがしてますね(;^_^A
生地が硬いものは、ねじってはがすのがコツね(笑)

あ、ご存じないかものシュクセとトロペジエンヌはこんなんです。

img_123464_15

シュクセ、成功って意味(サクセス)って意味です。
ナッツの粉末入りメレンゲ生地にナッツ入りクリームを挟みます。
濃厚な味です。(モンガトウにはないです)

IMG_1325

これはトロペジエンヌ
卵の多いブリオッシュ生地にカスタード主体のクリームをサンド。
南フランス、サントロペ発祥のお菓子です。
(これもモンガトウにはありません)

オレオ、ビスコ、どら焼きの説明は省きます(≧▽≦)

さーあ、この話面白いのかな(;^ω^)

クリームを挟んだお菓子は作るのも、食べるのも、はがすのも好きだなぁってお話でした!

だってちゃんと見ないで食べるのもったいないから!(笑)
そんな気がするサンドしたお菓子でした。
念のため言っておきたいんですが、だいたいはがすのはお行儀が悪いって怒られます。みっともないので誰も見ていない時にね(^_-)-☆

今日はこんなどうでもいいお話でした。
こんなんで1000文字いっちゃいました、あはははは💦

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

元気のエッセンス

春の味は、ちょっとすっぱかったり(苺)苦かったり(フキノトウ・菜の花)えぐかったり(タケノコ)ほんの少しの不味成分が美味しかったりします。

ただ甘いだけじゃなくて、美味なだけじゃなくて。

 

少ししょっぱい桜葉クリーム。

甘いビスキュイと一緒になると美味しくなります。

東大阪、八戸ノ里のお菓子屋、モンガトウの長尾久美子です。

 

20年前にこの店に来て、毎日毎日がただ一生懸命で、
毎月毎月の支払いが出来れば一安心。また次の支払いが出来るかな?

で、気づけば二人とも50歳前後になっていました。あっという間でした( ̄▽ ̄;)マジカ。。。

自分のお店を持つことを夢見ていた若い頃は、こんなお店にしたい。あんなお店にしたいと妄想がいっぱい膨らんでいました。

お客様を幸せに出来るお店

そんな事はおこがましいと思いながらも、もしそう出来たらどんなにいいだろう。
と、確かにそう思っていました。お菓子で少しの安らぎを感じてもらいたい。
心が温まる時間を持ってもらいたい。

 

でも、仕事に追われ生活に追われるとだんだんそれがぼんやりしていきます。
ただ無事に一日終えられればいい。それだけになってしまいます。

 

でも、お客さんのほうが教えてくれるんです。

モンガトウへ来ることはこんなに楽しいよ!!って。

その笑顔で。

 

ずっとお店に閉じこもっていましたから、自分やお店を客観的に見れなくなっていたんでしょうね。

そんな実感はなかったです。
JK達は、モンガトウをご褒美にしてテストやバイトを頑張る!って言ってくれたり、
近大生(近くに近畿大学っていう大きな大学があります)は、最寄りの駅は長瀬なのに、わざわざちょっと離れた八戸ノ里の定期を買いました!!っていってくれたりしていたのに。

ちょっと元気が出なくなった時、モンガトウに行けば元気になれる。元気とまではいかなくても、ちょっと気持ちが楽になる。軽くなる。うん、それくらいでもいい。
そんなになれたらどんなにいいだろう。
シェフ徹は相変わらずだなあとか、マダムは。。。。

あれれ?
私ってどんななんだろう???(笑)自分の事は分からないけど。

とにかく安心できて、力が抜けるお店でありたいです。

20年たって改めて感じたのはそんな事でした。

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

凸凹コンビ

これは私のお気に入りおやーーつ

ピーナッツ入り南部せんべい!

東北みやげ!(*´▽`*)

特にこの端っこの硬い部分!

硬いけど美味しい!!

これを夜の11時ごろ食べてしまい。。。。
今、夜中1時にまだお腹の中で膨らんでいる。
うーん、苦しい・・・。一枚食べただけなのに。。

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店モンガトウの長尾久美子です。

そういう訳で私は今、夜中の飯テロされても平気です(笑)

 

さて、私は慎重派で臆病なクセに、それは確かなのに、急な思い付きや思い込みで大胆な行動を起こすことがあります。どうしてもやってみたい事とか、作ってみたいお菓子とか、買いたいもの、行きたいところなどなど。

なんやろう、日ごろ鬱積したものが吹きだすんやろか(;´∀`)
自分が分かれへんww

考えすぎてガチガチに身動きが取れなくなるほど考えて、結局何もできずにいるのは普段のわたし。

それに引き換えこの人は。

 

 

 

wp-image-517618854jpeg.jpeg

何やってんの?
なんでその帽子なの?( ゚Д゚)

「えっ?なにが?」っていいましたよ、この人は。。

自分で被ったこの帽子の事を忘れて、いつものコック棒を被っていると思い込んでのこの答え。。。

常に全身脱力状態なんですね。
どこにも力が入っていません。いいのか悪いのか(笑)
そんなコンビで繰り広げております、モンガトウ劇場。どうぞご興味のある方は八戸ノ里のモンガトウまで。

そんなこんなでまるで内容のないブログ、これにて終了です。
それではまた次回に。。m(__)m

 

マリアージュ

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。

 

桜スイーツが流行り出して、どのくらいたつでしょう。

日本人の感性にぴったりとハマる桜。

花は散るから美しいと言いますが、この桜は散り際が特に美しいと思います。

 

さっくりとしたビスキュイに桜葉入りのクリームを挟みます。

桜チョコで半分だけ線描きしました。
完全にかけないほうが、おぼろげな春霞をイメージできるかな。。

ブッセはビスキュイ(別立てスポンジ)にクリームを挟んだフランス菓子。

でも日本に来てから意外と長くて、日本で独自に進化して名前もフランスの発音はブーシェ(一口という意味)から、なまってブッセとなりました。
フランスよりも、もはや日本のほうがこのお菓子をよく見かけます。日本人好みなんですね。
名前の由来は、口に似てるからという説と、一口で食べられる小菓子という意味と二つあるようです。ブッセにはそんなフランスと日本の感性が溶け合った美しさがあります。だから桜スイーツにするとより和と洋が惹きたちます。

フランス菓子が日本で作り始められた頃、それを作るのは当然和菓子職人です。(まだ洋菓子職人がいませんでしたから)だから古い洋菓子は少し日本的なエッセンスがあります。そういうお菓子も歴史があって好きです。ブッセは早い段階で日本に来たみたいです。和菓子屋さんで見かけることもあります。

私達、日本人パティシエ(洋菓子職人)たち。日本人が作るフランス菓子。そのフランスのエッセンスと日本人の感性が合わさった(今風にいうとマリアージュ?笑)お菓子を見るのが好きです。特にこの人が作るお菓子!

滋賀県長浜市 イチゴイチエ 徳田博美シェフ ブログはこちら ホームページはこちら

15420841_2201402060084056_8500767136354067708_n

 

モヒカンやけども!!(笑)
大丈夫やで、乙女男子やからww

 

日本人の繊細な感性と、フランス菓子の製法と材料の特性を知り尽くして生かしたフランス菓子を、独自の大胆なセンスで削りだし形作る。ちょっとくらい勉強したくらいでは出来ないし、勉強したからと言って誰にでも出来る訳じゃない。

頼もしいパティシエがどんどん出てくれば、日本の洋菓子界は明るいです✨引き続き後輩パティシエやパティシエールに色々教わりたいです(笑)よろしくお願いします!!(*´▽`*)ゴマスリスリデス💓

今日はこれにて!!

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

本屋の一角

うむむ、もう3月も終わりに近づいていますね。
今日はお休みでした。
お休みの日はブログネタをどうしようかなぁって思います。

 

ランチはパスタでしたが、同じお店でも夜のほうが美味しいなぁ。

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。

本屋さんはお好きですか?

o0480064113846418626

昔に比べるとずいぶん本屋さんに行く機会は減ってしまいましたが、アマゾンじゃないリアル店舗で、こんな風にディスプレイされた大きな本屋さんはやっぱり好きです。ワクワクします。

お菓子の本のコーナーには新刊がたくさん並んでいます。ここで必ずすることは、昔一緒にお菓子の勉強をした仲間たちが著者として本を出していないかなぁって探す事。もしかして、もしかしてって。
今まで一度だけ偶然に見つけたことがあります。すごく興奮しました!
5冊も本を出し、活躍した方です。

製菓専門学校を卒業してからもう22年。。。ぐらい??
(ちょっと計算が合わないですが、私は一年次と二年次の専門学校で、あいだで4年働いていますので。。。ダブってないで!!w)
長く続けることは難しい事なんだと実感します。
モンガトウは、ただ続けてきただけになっていないか。
続けることが最低の目的としてきたために、いつも守りに入ってしまってないか。
手堅く慎重な道ばかりを選んできた私にとって、第一線で活躍し続けてきた彼女の姿は仲間として眩しく、自慢でもありました。年下で先輩なんですけどね。私がダブったせいで。。(っていやダブってないって!!)

もう22年もたってまだ仲間の活躍を期待している私は、もしかして自分への期待もしているのかな?(笑)

もう新しいレシピを練るのも、お菓子のデザインを考えるのも、

「脳みそ枯れてる。。。。💦」

と思う事が多いけど、もう少し頑張ってみます。
ちょっとアホで勢いばっかりで生意気だった私が、昔出会った同じように勢いばっかりだった仲間たちを思い出して(笑)

そんな事を思い出した休日の本屋さんでの事でした。でももう昔すぎて古本屋さんのほうが見つかるかもしれませんけどね(=゚ω゚)コラ

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

写真ブログ

今日はたくさんの焼き菓子の仕込みをしました!

この数日、卒業のケーキの仕上げでまったく仕込みが出来ず欲求不満でしたから!!

あ、ワタクシは東大阪、八戸ノ里(やえのさと)のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子と申しますです。

wp-image-877569410jpeg.jpeg

wp-image-1630739917jpeg.jpeg

りんごを剝きまくってやりましたとも!

wp-image-1504337623jpeg.jpeg

りんごをコンポートにして敷き詰め紫芋ペーストを

wp-image-352548232jpeg.jpeg

ぬりぬりしてやりました!

wp-image-6211072jpeg.jpeg

パイをあみあみにして!

wp-image-611002092jpeg.jpeg

焼いてやりましたよ!

出来上がり!!

ずっしりしてる!!お芋ずっしり!!

 

しかしこのパイ、紫芋の下処理を含めて行程多いな。。

お芋は手間のかかるコやな。。

でも、りんごの酸味、お芋のまったりした味、パイの香ばしさ!

北と南の素材が出会ってる。

 

ああたくさん仕込めて満足!すっきりした!!(笑)

あははははははは!!!!(^O^)

終わり(笑)

 

最短記録更新!!(360文字)!!アリガトウゴザイマシターm(__)m

 

夢の国の住人

東大阪、八戸ノ里のお菓子屋、モンガトウの嫁、長尾久美子です。
春は眠いな、いや年じゅうだけど(*´▽`*)

violet02

さて今日の話題は。。。

夢見がちな人について。です(*´▽`*)

夢見がちな人っていますよね。私の友達にもいます。どこか浮世離れしています。いつも笑っています。その人の周りだけお花が咲いています。春っぽいです(笑)鈴を転がすような声で笑い、こっちまで笑いが伝染します。

でもこの人、周りには「夢みたいな事言ってないで、ちょっとは現実を見なさい」って言われるとか。

でもね、現実ってね、わざわざ見ようとしなくても見えてしまうもの。
その時が来れば直面してしまうもの。だったらわざわざ見ようとしなくてもいいと思うんです。

その人が、絵本が好きなら絵本の世界で遊び、

小さな子供が好きなら、一緒に遊んで、

習い事が好きなら、色々楽しんで。。。。

ドライブが好きなら車で出掛けて、路面電車にクラクションを鳴らされ( *´艸`)

 

そういう人を見ているとこっちまで楽しくなるから、ずっと夢の国にいてそこから見てきたものを美しい声で語って聞かせて欲しい。その人を通して私も夢を見ていたいです。厳しい現実の話はテレビやニュースだけでたくさん。

という私のお友達は、

元保育士さんで今はベビーマッサージセラピストで絵本講師の高田明子先生は、絵本の世界の住人のようにふわふわした女性です(*´▽`*)

16299153_1198887753566276_8507026521838197858_n

※実在です!!ww
しかもダチョウの卵持ってます!(≧▽≦)
しかも無断で写真をお借りしました!!

 

明子先生のブログ

思えば、私のブログの一番最初の読者は明子先生でした。それはどれほど支えになったか分かりません。

 

今日はここまでです。いまから夢の世界へ行ってきます。
お読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

アナログノートの暖かさ

3月頭に思い付きでお客様ノートを始めました。
フェイスブックでのコメント欄でお客様からの提案だったように思います。

画伯っぷりで有名な、田辺誠一さんの「かっこいい犬」ノートです(笑)

 

東大阪、八戸ノ里のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。
デジタルもいいけどアナログが好きです💕

いろんなメッセージを頂いています(*^-^*)

インスタから!?
びっくり( ゚Д゚)!
インスタは私の憧れを詰めた夢のような趣味的なアカウントですから(笑)

モンガくんは人気のイラストモデルですよ(笑)

wp-image-187041469jpeg.jpeg

はっ!!私達ですか?( ゚Д゚)
ありがとうございます!(笑)

wp-image-28011916jpeg.jpeg

wp-image-1995547329jpeg.jpeg

京都造形芸術大学の学生さん。
さすがです💕

wp-image-295518651jpeg.jpeg

そして今日、お客様が帰られた後。
「あれれ!忘れ物!!」

と思って手に取ったら、

wp-image-413726077jpeg.jpeg

こーんなかわいいしおりになってノートにくっつけられていました!

wp-image-207975453jpeg.jpeg

お客様からのプレゼントでした。
ツイッターのフォロワーさんで、いつも手編みの作品を公開して下さっています。
編み物が出来ていく様子についつい引き込まれて見てしまいます。
これはトルコの伝統的な手芸のレース編み「オヤ」と言うそうですよ。
すごく小さくて繊細です。
(興味ある方は、「オヤ トルコ」で画像検索してみてね。超可愛い画像がいっぱい出てきます!)
お客様の手によって勝手に素敵に変換されていくモンガトウ。
最初は単なる普通の小さなお菓子屋が
そこに来るお客様によって素敵に変えられていくような、そんな体験をしています。

wp-image-782145753jpeg.jpeg

※裏面www

最初はただのノートだったのに。。

お店に来て下さって、ソフトクリームを食べて下さるだけでも十分ありがたいんですが、こうしてノートを置くだけでコミュニケーションしきれないお客様とのメッセージを頂く事が出来る。SNSでは不十分なものがあります。デジタルですくいきれないメッセージをアナログですくい上げる。これは結構盲点でした。
と言いつつ、このアイデアもお客様から頂いたんですけども!(*´▽`*)

 

メッセージを下さった皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

 

モンガトウの手薄な営業力を支えるもの

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人、長尾久美子です。シェフで旦那の徹と二人でお店をしています。

二人とも菓子職人なので「二人とも作れるなんていいわねぇ」ってよく言われます。
うーん、ある意味いいと言えばいいんですが。

wp-image-647654076jpeg.jpeg

こーんなゲシュタルト崩壊みたいな場面でも手分けして書けるし。
※ゲシュタルト崩壊:同じ文字を見続けると、元の正しい字が分からなくなってくる現象( ゚Д゚)

私の苦手な数字に関する仕事(帳簿付けや確定申告)や、同じことを繰り返すケーキの仕上げの仕事を相方に押し付けられるし(笑)、自分の好きな仕事を全部取れるし(*´▽`*)
(なんかジャイアンみたいやな、私!!)。

不思議と嫌いな仕事も好きな仕事もあんまり被らないんです。
職人としてタイプが違うんですね。

でもね、お店を経営するにはお菓子を作る事だけじゃない。。
営業(売り方)が大事で、それが職人には苦手な人が多いと思います。
だからうちはそこがどうしても手薄になります。
よくある職人さんのご主人と、販売専門の奥様。やっぱりこれが理想的ではないかと思います。
だってうちの場合、二人で作ると2倍出来上がってくるのに売る人がいない。。。。
製造部フル回転で営業がいない会社みたいなもんです(;´∀`)
困りますよね。。

二人して苦手なその営業を一手に引き受けてくれるのが!!!

 

 

 

SNSだ!!!!バーーーン!!ヾ(*´∀`*)ノ

 

またや、またSNS礼賛が始まった!!(笑)

というわけで、素晴らしいどすなぁSNS💕

モンガトウの敏腕営業マンとして大活躍のSNS

個人経営者の強い味方どす。

※京言葉になってる事には、あんまり意味はありません。

 

昔、お菓子屋さんを経営する上で一番大切なことはまず、「美味しい事」でした。
だから営業力はあまり必要とされていませんでした。
「美味しければ売れる」とよく耳にしました。

私達の修行時代には、営業に関して教わった事は多くありません。なんとなく空気で感じる?(笑)ぐらいでした。

でも時代はどんどん変わっていきます。ケーキはどこも美味しいです。それほど違いはないのなら、お菓子作りだけじゃなく、新しい事を試し売り方を変えていかなければいけないなぁ。と思います。
そして個人の小さなお店が要求される仕事は、昔に比べて驚くほど多岐にわたるようになってきています。
ひと昔前には考えられなかった事です。
デジタルが大嫌いでパソコンを買う事も大反対した17年前。でも私の大反対を押し切ってパソコンを買ってくれたのはシェフです。同じ職人でありながら私とまったく性格の違うシェフ。このパソコンはもうハンパなく仕事のこなせる奴でした(笑)

今ではほとんど私がパソコンを使っていて、なくてはならない仕事道具ですがね(笑)

 

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m