徳島旅

 

 

DSC_5415

DSC_5415

2日間、お休みを頂きシェフの実家の徳島へ帰りました。
徳島県三好市山城町、山深いところです。
この黒板は真夜中の車内で書きました。スマホのライトを頼りに書くの難しい。。

シェフ父の13回忌の法要でした。お店のイベントと重なってしまったお通夜にもお葬式にも出られず、一周忌や三回忌もシェフ一人での出席。
今回もシェフのぎっくり腰であわやドタキャンになるとこでした!!

 

DSC_5419

DSC_5419

左がシェフ兄、右がその下の姉、真ん中がとおる。
3人兄弟がそろう事も稀です。。

お坊さんの話にもありました。
法事は形式が大事なんじゃなく、普段なかなか顔を合わせない親戚が集まってご飯を食べたり、お酒を飲んだりして楽しむ姿を見せることが一番の故人の慰めになります。って。

DSC_5439

DSC_5439

という訳で夜が寒いお山では鍋奉行、シェフ兄による牡丹鍋が出来上がりました。

DSC_5441

DSC_5441

スマホを手放さないシェフに「それは何しよるん?」(何してるの?)って訊くシェフ母はSNSの説明を聞いて興味深々で色んな所をタッチしています(笑)
元気で若い秘密はここですね。

DSC_5448

DSC_5448

次の日はこれ。
シェフ兄が裏山へすいすい登っていったと思ったら大きな枝を抱えて降りてきました。蒸し団子の下に敷く葉っぱまでお山で調達。自給自足はすごいなぁ。

DSC_5457

DSC_5457

さーてみんなーーー!!
おばあちゃんのお団子教室始まるよ――――(^O^)/

フェイスブックで生配信しました。忙しい月曜日の朝から見て下さった皆様ありがとうございました。

中のあんこはシェフ母が畑で小豆から育てたものです。手間のかかり方がすごいです。若いころからすごくすごく苦労して生きてきたシェフ母の愚痴を私は聞いたことがありません。どんな大変な事でも黙って自分の力で生き抜いて、人にはその苦労を見せません。なんでも「ありがたい。」って言います。

お盆でもお正月休みでもないのに、2日間お店を閉めることは勇気がいりました。

今回、お店も閉めて家族で行こう。って決断したのはSNSでお客様と繋がっている安心感があったことも大きかったと思います。お客様が理解してくれるという安心感。それがなかったらできませんでした。

四国にはSNSで繋がる大切な友達が何人もいます。今回お会いできなかったことはすごく残念ですが、今回は義母との時間をゆっくり過ごさせて頂きました。

また行くからね――――!!ヾ(*´∀`*)ノ

はい、この旅で変わったことはひとつ。
阿波ネイティブの方言のシャワーを浴びて、私の言葉が少し阿波のイントネーション混じりになりました。このバイリンガル状態は約1週間ほど続きます(笑)

今日もお読み頂きましてありがとうございましたm(__)m