SNSを始めた理由

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。やっと「サクラ」ソフトクリームが出せてホッとしています。

 

でもね、バタバタと追われるうちが幸せです。
こうして待っていて下さるお客様がいて。

こないだお客様と「なぜ、SNSを始めたのか?」っていう話題になったんです。
そうして思い返してみると、4年ほど前、友達に「フェイスブックやろうよ、面白いよ。」
って誘われました。

まったく興味が湧かなかったです(*´▽`*)

 

・友達はもともとほとんどいないに等しいし。
・友達を増やしていこうと思わないし。(友達に自分を合わせなければいけないと思っていた。)
・友達を増やしたとしても、休日も合わないし。
・今でも時間がないのに、もっと時間が無くなる(◎_◎;)

という理由で煮え切らない返事をしていました。

その2年後、街を歩くとお店の入口にフェイスブックの案内を見かけるようになり、ちょっと気になってきます。お店の宣伝にも使えるのかな?って。

その頃、お店まわりの環境が変わって、人の流れがすっかり変わってしまいました。お客様を呼び戻すために何か手を打たなければ存続の危機に陥るところまで気持ちが追い詰められました。

 

なにかいい手はないものか。。。。。

SNSが浮かびました。
もうダメでも何でもやってみよう。
(つまりは「藁をもつかむ」という感じでした)
そこから見よう見まねの自己流SNS活動を始めます。

最初にフェイスブック、次にツイッター、そしてインスタグラム。
始めてからどれ位たった頃でしょうか、偶然にも私にとって運命的とも言える人と繋がります。

 

16999039_1240257832739262_895078917748810934_n

あ、写真の選択まちがった!(*´▽`*)

17021877_1240897319341980_3045851105277484824_n

これも相当おかしい。。名言吐いてる(;^_^Aでもこれプロフィール写真ですからね(笑)

この方、おなじみのお菓子缶メーカー大阪製罐の清水社長です。
こう見えて影響力が絶大で(どう見えて?w)、この人の影響でマーケティングを学びSNSに本腰を入れていこうと決心しました。

で、今一番何が変わったか、今日気づいたんです。
師匠(カンカン清水氏)の背中を見つつ発信を続けたら。。。

SNSで繋がった人たちと一緒に笑ったり、感動したり、祝ったり、励まされたり。。お店の宣伝が出来ればいいと思って始めたのに実際は、繋がる人たちに大きな力で支えられていました。身に余る気持ちをもらっていました。

 

清水社長自身の発信を見ていて分かる通り、

SNS発信は見てくれる人を喜ばせる事。

それが最重要なんだと教えてくれています。

決して商品の売り込みだけではいけない。

そういう重要な事を、私達お菓子屋へのニュースレターでも教えてくれています。

wp-image-244654937jpeg.jpeg

「ごあいさつ」のところだけでも、かなり重要な事が書かれてます。社長直筆のイラストも必見です(笑)徹のイラストがお得意みたいです(*´▽`*)

wp-image-1008795027jpeg.jpeg

モンガトウを例にして特集してくれました。

wp-image-456992900jpeg.jpeg

新人わなこちゃんのオタクっぽいイラストもゾクゾクします!(笑)

wp-image-1675488467jpeg.jpeg

若い力を生かして伸ばす。
大きな伸びしろはそのまま会社のエネルギーになっています。

wp-image-1520443339jpeg.jpeg

ものすごく大事なところです。
結構な大枚をはたいたセミナー内容に匹敵すると思います。しかもお菓子屋さんにピンポイントですから。

お客さまや、モンガトウにかかわって下さる人たちに感謝の気持ちで毎日お菓子を作れる幸せ。それを噛みしめてエネルギーに変えていきます。

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

お菓子と美術

春をさえずる小鳥たちのようににぎやかな女の子達(^^♪

こんにちは
東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。
小鳥クッキーは幸福を運んでくるラッキーアイテム。だからこのコ達もきっと、モンガトウに幸運を運んでくれると思います(*´▽`*)

お隣の駅、若江岩田のお菓子缶メーカー、大阪製罐さんに見学に来た京都造形芸術大学の学生さん達が清水社長達と一緒に来てくれました。

彼女たちが勉強していることはよ詳しくは分からないけど、芸術家たちをとても尊敬する私にはまぶしい存在です。

例えばお菓子。「芸術的なお菓子」ってよく言いますけど、何も形が凝ったお菓子とか、珍しい見た目のお菓子が芸術的という事とはちょっと違います。私の考えとしては逆に無駄をそぎ落としたものほど芸術的に思えるんです。シンプルな中の美しさ。機能のある美しさ。そんなものに惹かれます。

お菓子と芸術は相性がいいと思います。美しいもの、美味しいもの。その間の距離を縮めていきたいと、ずっと思っています。
作り手のストーリーを、お菓子に絡める事。心を込めて作ると自然に絡まってくるんだと思います。

私にしか作れないお菓子。大阪製罐さんにしか作れない缶。それを組み合わせる。それが誰にでも作れるお菓子でも、私の思いを絡めることによってそれは私にしか作れないものになります。
例えばハリネズミ缶。

キャプチャ1 キャプチャ2

一つの缶にここまでオリジナル性を持たせることは、すごく時間がかかるけどそれでも今、一番やってみたい事です。すべてのお菓子缶に、私がそのお菓子に持つストーリーを反映させたリーフレットをつけます。

とか大口叩いちゃってますが、長年の夢です。

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

妄想POP

こんにちは!
サルくんです。
ウサギさんです。

この度、自身のPOP担当者になりました!
まだ書きかけですけども。

こっちが私達、本物です。
あの有名絵本作家、谷口智則さんのデザイン、僕たちの生みの親です。

POPがなくてもこの缶は最初から人気でした。

つるつるのまあるいエンボスが可愛さをさらに引き立てています💓
女の人が「カワイイ(・∀・)!!」って喜んで買って行かれますよ。

 

でも、POPがあるとさらに売れますから自分たちの缶は自分たちで売ることにしました!エライでしょ?🐵🐰

でもサルくんの蝶ネクタイを描くのを忘れたんだって(;^_^A

 

スノーボールの担当は白くまくんです。
マフラーのスノーボール柄のさりげないおしゃれに気づいたかな?(*^-^*)


ロマンティックなお花缶の前にいます。

イラストや字を書くのはこのペンを使っています。
呉竹zigクリーンカラーリアルブラッシュ(めっちゃたくさんの色があって細い線がきれいに書けます。裏うつりしません一本200円!!ちょっとかすれたりムラになる感じも好き)とサクラピグマ、0.8mm
後は水彩色鉛筆。経済的な品ぞろえ!(笑)私のお勧めです。
あ、ちなみにこれほとんどの紙が100均です。

まだまだPOP足りないなあ。次々新しいレシピを作りすぎだし、季節によっても変わるから。

さて今日はちょっと短めに。
これで失礼します。
サル、ウサギ、白くまからは以上です!

 

春のお菓子

一気に春が来たみたいなクッキー缶!
バレンタインが終わると変わり身早く、春の商品に入れ替わっていきます。

合格、卒業の声が聞かれ始める頃です。

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。

なんか好きなんです。このスノーボールが。
パステルカラーが可愛くて。歯触りがホロホロで。
味や色もさまざまで💓
種類は無限に出来ます(*^-^*)
これはプレーン、苺、抹茶、紫芋です。

写真で見るよりも

 

手に取る方がずっとキレイだと思います。写真はすべてを伝えてくれるように思いがちですが、私の感覚としては、写真は本物の70%ほどしか伝えられない。。
特に私みたいなスマホのオートで撮るしか知らないものにとっては。

それはなんでだろう。。。

 

あのSNSで見たお菓子だ。

あの社長さんが作ってるお菓子缶だ。

あの人が作ったクッキーだ。

あの古いオーブンで焼いた。

あの。。。。。。

 

っていう背景が実物から伝わるからだと思います。

音楽で言えば、CDとライブの違い?
CDは淡々と整然と歌われているけど、ライブのように生の感情が伝わりにくい。。

これ例えとしてどうなんだろう?(笑)
SNSはそのお菓子の背景を見せる事が得意です。そしてその実物を手にした時、すごく喜ばれます。手にしたものの経緯を見ていたから。

「モンガトウのお菓子が欲しそうな、遠方のお友達に送れるだけ送ったった!(*^-^*)」

ってその人は言いました。決して安くはないチョコレートをたくさん買い込んで、友達に送る。人を喜ばせることが自分の喜びだと信じてる人。
私なんかまだまだです。送られた人の喜びようをSNSから見ていて、そう感じました。

SNSから見える缶とお菓子に送る人の気持ちがのっかった時、その力は最強になる。

そういう事を教えられました。

これからの季節、このお菓子に自分の気持ちを乗せて贈りたいって思ってもらえるお菓子をどれくらい作れるか。春風に舞っていけるような軽やかなお菓子。
それを考えるのが楽しみです💓

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

 

日々お菓子

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街の真ん中あたり、ケーキ屋のモンガトウがあります。私は嫁で菓子職人、長尾久美子と申します。

午前中はだいたい似顔絵ケーキを作っています。
午後からは焼き菓子の仕込みをします。
夜はブログを書いたり、お絵かきしたり、ご飯を作ったり。

毎日そんな感じで過ごしています。

夜寝る前に明日の仕事を考え、ちょっとだけ本を読み、
朝起きたら、今日の仕事は何があったかなあ。。って。。。あれ?あれれ?

一晩寝たら忘れています(笑)

考えてみれば、これは全部自分が好きでやろうと決めた事だなあ、と今書いていて気づきました(笑)
私が好きな事の共通点は、何かを作る事。みたいです。
ご飯を作る以外の家事は、あまりすきではありません。
掃除と洗濯。。。。。(*_*;
なるほどね、この二つは作る事ではないんですね(苦笑)

なんとか5種類詰め込みたい!と思って小さく焼いたクッキーがやっと出来ました。

ショコラはバレンタインの時期だけですが、
こちらもなんとか5種類詰め込みました(*´▽`*)

 


イベントが目白押しのこの時期には、包材や食材をどっさり注文し、山積みで配達されてきます。材料を見るとテンションが上がります(≧▽≦)
ナッツやチョコの段ボールをなでなでしながら一人笑ってる私はちょっと怖いらしいです(笑)

なぜ、お菓子を作ることが好きなのか。

きっとね、自分にも出来ることがあるという存在価値を認められたいからです。
人間なんて、存在価値を認められないことが一番つらい。
居てもいなくても同じだと思われることが辛いんです。

「あなたにはあなたの価値がある。」

この言葉が、胸の小さな傷の部分に沁みこんで優しく癒してくれました。
絆創膏みたいに傷を覆って、痛みがなくなりました。

エクスマの藤村先生の言葉です。
自信を失った時、辛い時、自分の価値を自分で認められたらどんなことでも乗り越える力が湧いてくるんだと思います。
仕事をする上で。
プライベートで。
いつも励まされる言葉がある事は幸せです。

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

ぬいぐるみに気をつけろ

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。
バレンタインに向けて、お菓子とパッケージをどう組み合わせたらいいか頭でまとまらなくなってメモしようと思って。。。

 

作りたいお菓子がたくさんありすぎて、缶が足らない件。。
うむむ。。。


新作ブーケ缶を仕入れてみた。
まだ足りないけど(笑)

今日は朝から職業体験の中学生を迎える準備に追われていました。
キレイなエプロンを用意したり。
一緒に作るクッキーの配合を先に計量したり。
コート掛けや、荷物置き場を確保したり。。

「10時に来るんよね。ああ、時間がない💦」
「まず最初に何しようか、お掃除かな?」

とか慌てていたんですよね。

10時10分前。
あれれ?遅いね、もう来てもいい頃よね。

10時5分前。
あれえ、なんかあったのかな?

10時00分。
寝坊したかな?

10時10分。
道に迷ったとか?

10時20分。
事故やったらどうしよう。
学校に連絡せなあかんね(;・∀・)

ねえ、それ本当に今日?
ってプリントを見たところ。

今日で間違いないねえ。。
あれ、でも、

挨拶に来たっけ?
履歴書みたいなのもってくるでしょ?いつも。

あ。
はい、先生から打診があっただけで決定したわけではありませんでした!!!
もし生徒が来ることになったらお願いします。みたいな?

なんじゃーーーーい!!!( ゚Д゚)

という訳で朝から大きく振りかぶって空振りしてる私はしょうがなく
そのまま大掃除に突入しました!!(`・ω・´)ゞ
丸一日やってやりましたぜ!なんか結果オーライでした(笑)

エンジンのかかった私は部屋の片づけまでやって家じゅうの訳の分からんぬいぐるみを全部あつめて娘の布団の中へ押し込んでやりましたwww

まるで誰かが寝てるみたいに布団が膨らんでいて、
恐る恐るめくったらそこには・・・・・

 

実物大のオオサンショウウオのぬいぐるみ!!!

びっくりしてました(≧▽≦)
自分で買って来といてww
リアルすぎるねん!!それ!

なんか全然関係ない話になりましたが、なんか時間が出来て得したような損したような一日でした。

おわり。

 

恥ずかしい人は広報に向いている

東大阪、やえのさと(八戸ノ里)商店街の小さなケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。
シェフで旦那は長尾徹です。

とおるは元々面白いんですけど、少々厚かましくて失礼なので心配なのでした(笑)

えーー?ワシって失礼なん??ととぼけるシェフにとっての今年の漢字は
「徹」だそうです(笑)
でもこうやっておふざけ大好きですね。

wp-image-1563491399jpeg.jpeg

今日、絵本作家の谷口智則さんのクッキー缶をお求めに来られた、明子先生は美女でエレガントでありながら、おちゃらけ具合がハンパない😂

「トオルシールここに貼ってるの~♪」ときゃぴきゃぴしてる明子先生を
不思議そうに見つめる徹(笑)

明子先生のブログ

うん、だって明子先生は「まつエク」(まつげエクステ)とか「美容鍼灸」とか聞いた事ない言葉連発してるもんねwww
無理もないね!(≧▽≦)
この後、シェフが言ったんです。

wp-image-206735921jpeg.jpeg

この写真を撮ってる時、
道行く人がすごく興味深そうにのぞき込んで行ったんです。

私達がお店に興味を持ってもらえるようにすることは、普通ならとてもお金がかかる事です。
ましてやうちのように小さくて古くからあるお店は、目新しいことなど何もないので見てもらえる事すらなかなかないのです。
宣伝広告は大きなコストがかかります。

でも自分がちょっと変わったことをするだけで。
ヘンなのって思われることでも。
ちょっとアレなのかな?って思われたとしても(笑)

「なんかすごく嬉しい」ってシェフが言いました。

シェフ!そんなに見てもらいたかったんやね!(ToT)

と、いう訳で、皆さん!!シェフ徹を見てあげて下さい!
今まで脚光を浴びる事もなく、目立つ事もなく、(私もですが(;^_^A)いやもしかして存在さえしられずに。。
はい、私達なんてそんなもんです。

という訳で、シェフ徹は今後ますますこの路線を行きそうです(笑)
どうぞよろしくお願いします。

今日もお読み頂きましてありがとうございましたm(__)m

成長が遅い私

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人、長尾久美子はちゃんと年々賢くなって・・・・・・・・

 

たらいいな(*´▽`*)エヘヘ

だって、毎年クリスマスはボロボロになるまでケーキを作り、
売り続けないと年を越す資格がないと思い込んでいたから!!(T_T)

 

※やっと中身を詰めてもらえたショートケーキ缶。絵本の主人公たちが描かれています。

「仕事は苦しむためにあるんじゃない。楽しみながらやっていいんです。」
っていう教えのおかげで、クリスマスだって楽しんでいいんだって思えました。

数年前までの、自分たちがボロボロになるような売り方は、どうやっても長続きしない。
そういう事にやっと気づきました。おっそーーーーーーーーーー!!!

だから、今年のクリスマスは常連さんにご挨拶しながら(無理だったらごめんなさい)、一年の感謝の気持ちを込めながら、ケーキを作りたいと思います。
とは言え開けてみたらどうなってるか分かりませんけどねーーww

さあ、ソフトクリームの販売もあと一週間(12月18日まで)です。
今日もショートブログでお届けしましたm(__)m

結局一生テンパってる話

東大阪、やえのさと(八戸ノ里)商店街のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。
今日あたりからクリスマス用ギフトが動き出し、あたふたと準備に拍車を掛けたんですが、
結局最後まで出来ず・・・・・・。

自分で焼いて、自分で仕上げて、自分で詰めてラッピング、自分で売る。
そりゃあ時間がかかるはずだわ。。。(;^_^A

この抹茶を使うお菓子は、光ですぐに色が変わってくるため容器に詰めるまでを一気にやらなければなりません。なので余計にクタクタです。。。。

クタクタになってしまうとね、その後何もかもがおろそかになってきます。
あたりまえですよね。他の分までエネルギーを使ってしまうんですから。。
ご飯を作る時間も、ゆっくり味わう時間も、後片付けも、ブログを書くのも、寝る前のひと時も(バタンキューですからね)すべてなくなり、自己嫌悪です。

これではいい仕事、ステキな商品を生みだせない。。。

私は特にこの自分を取り戻す時間が少なくなった場合、自分の心が壊れるんではないかとすごく不安になるんです。仕事をバリバリこなせるタイプではないと自覚しています。残念ながら(笑)
心を置き去りにして作ったものはお客様の心にも届かない。。恐らくそんな気がします。
ですから何が言いたいかというと!

申し訳ありません!!

追いつきませんでした!

売り切れます!恐らく売り切れます!!ギフトに関しては!特に缶カンギフト!!人気です!

お客様の残念そうな顔を想像すると、売り切れないように追いかけなければ!!!
って思ってましたが、もう先に言っちゃいます、ごめんなさい!!無理です(笑)

ってこんなこと言って、いっぱい売れ残ったりしてwwwww

ひいいいい、それも辛いわあ(@_@。
ほどほどに買って下さい←どっち?

そして私はちょっとはベテランらしく、
あら、クリスマスなんて余裕ですのよ、もう30回ほどは経験していますもの、おほほほほ( *´艸`)
ってコーヒーでも飲みながら言ってみたいのでした(笑)
本当は毎年ひやひやしてテンパリまくっているのでしたーーーwww
カッコわるーーーーーー(^▽^;)

今日はこれで終わりです。
お読み頂きましてありがとうございましたm(__)m

 

自分なりの表現方法

東大阪、やえのさと(八戸ノ里)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。

クリスマス用ギフトのクッキー缶がよく売れています💓

ブールドネージュ(スノーボール)はクリスマス時期によく食べられるお菓子。

自分が好きだと思ったものを作って、それがお客様にも伝わる時、本当に嬉しくなるんです。

で、調子に乗ってまた勝手に試作したけど、ちょっとイメージ違ってた。
まっしろしろすけで一部こんがり(笑)
ココナツメレンゲなんですけど、なんか愛嬌があります(*´▽`*)

wp-image-1037541279jpeg.jpeg

wp-image-1296942313jpeg.jpeg

クリスマスラッピングで聖夜を彩ります。
クリスマス時期には作り足しできないので、お早めに。

お菓子作りが何より楽しくて、ワクワクが止まらなかった中学、高校時代。
自分の作ったもので、家族や友達がすごく喜んでくれることが嬉しくて、まるで自分が魔法を使えるようになったかのような気分でした(笑)
これを仕事に出来たらどんなに幸せだろう💓
って思いました。

お菓子屋の見習いとして働いていた時、
当時お世話になっていた尊敬するシェフが、

「お菓子は上手く作れて当たり前、それを自己満足ではなく自分なりの表現方法を見つけてお客様に喜んでもらえる事をいつも考えなさい。」

っておっしゃいました。
いままで何人ものシェフにお世話になった中で共通するのはこの点です。

エクスマ(エクスペリエンスマーケティング)の藤村先生もいつもおっしゃってますね。
これに尽きるんだと思います。
人生で出会う人すべてが先生で、学びを得ながら前に進みたい。

まだまだ道の途中、これからもお客様に喜ばれることを探し続けようと思います。

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m