空腹は創作意欲に繋がるか

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人、ナガオクミコです。

菓子職人は長年の夢でした。
菓子職人として働く今でもその環境は変化し、新しいことの発見なのです。

 

 

DSC_6241

DSC_6241

こんな自撮りも実はあんまり得意ではないけど挑戦ですね。
笑顔もひきつってますが、これ精一杯です(笑)
だって一人でカメラに向かってるんですよw
でも自撮りの上手な人は、カメラの向こうにいる好きな人の事を思い浮かべているらしい。
昔、私が修行していた頃には、こんな時代が来るなんて思わなかったんです。
イチ職人が顔を出すなんて。
意見を公言するなんて。
私生活を公開するなんて。

私が修行中にオーナーに要求されたことは、
与えられた仕事を、
早く、キレイに、量産する事。

まあ、それも大事なんですけどね。
昔はそれだけでも良かったんです。
なんでも売れましたから。雇う側としては逆に個性が邪魔だとされたんですね。
でも今になって必要なのは・・

個性としてのパティシエの表現。

これがないと選んでもらえない。
突然やろうとしても出来ない。
個性なんてずっと育んでなければ、急に生まれないから。

学校でも他の人と同じようにやりなさいって言われることは、とても窮屈でした。
だからと言って目立ちたい訳じゃない。
目立たないように、他の事をやる(笑)たちが悪いww
みんなと同じにやろうとしても・・・・。

分かんない(´;ω;`)!!!

 

すぐに妄想、空想の世界に入る(逃げる)
入るとしばらく帰って来ない(笑)
その中でだけ自分を解放できる。
自分を基準にするから人の考えを理解できない。

ああ、書いてて嫌になってきた😂

うん、しょうがないね!!
開き直ろうね!!(笑)

何を言いたかったかと言うと・・・。
こんな私でもパティシエの中に入ると・・・

普通です!!

ごくフツーです(笑)たぶん
ちょっと安心?( *´艸`)

いいのか悪いのか!!

とりあえずはありのままで。
自分の好きな方向へ。

ちょっとだけ頑張ってみたり。
やめてみたり。
関係ない事やってみたり。

好きな事は、

DSC_6257

DSC_6257

食欲を追求してるだけやないかーーーーーー(笑)

あ、あとピザと焼きそば!!
ダイエットには厳禁とされてるものほど食べたくなるね。
空腹を創作意欲へ向ける作戦は失敗でした。。。

 

ブツブツとネガティブなブログにお付き合い頂きありがとうございました。

 

悪口の天才

東大阪、やえのさと商店街の小さなケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人やってますナガオクミコと申します。

 

DSC_6156

DSC_6156

果物屋さんがイチジクを勧めて来たのでイチジクタルトを作りました。
まだ高値なので、安定した商品にはなりませんが、もう少ししたらたくさん作れるようになると思います。

DSC_6158

DSC_6158

DSC_6159

DSC_6159

蒸し暑いお天気を吹き飛ばすような柑橘の爽やかなゼリーたち。

色々出来た💓と思ったら。。。

Screenshot_2017-07-09-15-33-00

ひいぃぃぃぃぃ💦

ものすごい嵐が来ました。。。。

張り切ってやるとろくなことないね(´;ω;`)

 

急に真っ暗になったと思ったら、すごい豪雨と雷。。。
私、雷は大嫌いです。
向かいの薬局の自転車置き場では大雨で足止めを食らった人たちが帰るに帰れず立ち尽くしていました。

雷が落ちたようなすごい音がしました。
バリバリっ!!と地響きにビビる私を見てシェフが、

 

「ちょっと、外の看板点けてきて」

って言いました。

は?

今なんと?

「暗くなったから、看板。」

耳を疑いましたよ。落雷あるんですよ。

外のコンセントのプラグは濡れてるんです。それを差せとおっしゃるんですかい?

びしょ濡れになるよね。

「絶対イヤやッ!!!」

叫んでやりました!

一体どういうつもりで言ってるのか。

ケンカを売ってる風でもない。

なにも考えてないのか。

いやがらせか!

「え?絶縁体質やろwww大丈夫やって!!」

 

 

 

私、常々思います。悪口を言わせればシェフの右に出るものはいないと。

悪口の才能があるんです。悪口の才能がある人って性格は最悪だと思います。

私はゴムっぽいそうです。きっとこんな。。

mig

これはまだいい方。

91dc237ad3db3d15b009d7ecc9d24f71dbffdfe9_xlarge

これとか。これタイヤやからゴムやな確かに。。

コックコート来てて白いところがまた。。

はい、今日はこういう訳で気分は最悪です。

明日は気持ちも晴れますように(´;ω;`)

 

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

日常のなかの非日常

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人、長尾久美子です。
長年、ケーキ屋をしていてもこういう場面を目の前にすることはほとんどなかったのです。

 

DSC_6112

DSC_6112

DSC_6113

DSC_6113

なんか胸が熱くなりました。

(これは先日行われたお菓子缶の清水社長のバースデーパーティーでの一幕)

私達ケーキ屋は、あくまで裏方。
ケーキをお渡しするところまで。ってことが多いです。
そしてその裏方を良しとしてきた。
その後のことは、想像することは出来ても、実際目にすることはほとんどありません。

 

ケーキが出てきたときの歓声も。

照明を落としたローソクの明りも。

その明りに照らされたたくさんの笑顔も。

ハッピーバースデーの歌声も。

 

この愛に満ちた空気をほとんど見たことがない。

 

でもね、その場面に登場するケーキを作る事を生業とする事。
その幸せを感じながら、仕事出来ればお客様も自分も幸せになれるに違いない。

 

ついつい毎日のようにお誕生日ケーキを作っていると忘れてしまう。
それがもはや日常だから。
そんな日常を非日常に変えてくれる。そんな場面を目にしたことは私にとってとても貴重だったのでした。

DSC_6116

DSC_6116

食べ物を作るお仕事をしている人の働く姿を見るのがすごく好きです。
あっという間に切り分けてしまうディアモクッチーナの金子文紀シェフです。

西宮、ディアモクッチーナさん
絶品イタリアンです!!!

 

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

 

 

ハニーミルクが飲みたい(T_T)

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋モンガトウの嫁で菓子職人長尾久美子です。

最近始めたダイエットは引き続き継続中でございますが。。。。

私が食事を節制している最中、とおると娘の好き勝手が止まりません。。。
もともとそれほど外食好きではない我が家ですが、私の料理が自分のダイエットでかなりあっさりしてしまうので物足りなくなるんでしょうね。
外食したがります。

しかも、私に一緒に行けと言う。。。

 

「何するの?!ほぼ食べるものないのに行って何して欲しいの?!」

 

「食べるとこ見てて(^^♪」(シェフ)

「お金だけ払う係な(^^♪」(娘)

 

 

それなに?なにプレイって言うん??( ;∀;)

 

こんなひどい目に合ってる私ですが、大丈夫。。
きっと同情してくれる人がいるはず(=゚ω゚)ノ

 

心が寒くなったので、ホットミルクが飲みたい(T_T)
はちみつが入ったのがいい💓
あ、プロテインを牛乳で温めてはちみつを☕
ハニ―ソイミルク♪
ボロボロになった私の心をじんわりと温めてくれる甘いミルク
ぐっすり眠れる(*´▽`*)
それなら大丈夫!きっと大丈夫!!(*´▽`*)

だって私、頑張ってるやん!!!!!

トレーナーに訊いてみる!

 

 

Screenshot_2017-06-28-23-41-49

 

取り付く島もないね。。。。高速でブッた切られたね。。

寝ぼけてるって。。。。

 

なんか!なんか!

つらいわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

フォントサイズ最大(笑)

 

よしっ!!
書いたった!!
気が済んだ!!

このまま寝る!!

ただのストレス発散ブログをお読み頂きありがとうございましたっ!!m(__)m

 

 

 

めんどくさい自分

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋、モンガトウの嫁、長尾久美子です。毎日あれやこれやとSNSに投稿し続けています。

目立ちたがり屋なのかと言われればそうではなく、恥ずかしがりの自意識過剰なため、目立つことは苦手なのです。SNSの中でだけ少し自分を切り取って見せることが出来ます。

表現する事自体は好きです。
なんか矛盾するような?(笑)

自分を取り巻く世界は複雑で難解で。でもそれは確かに私達大人が作り出したもの。
それなら、その難解さも軽やかにすり抜けて笑って進めるように、自分の生き方を選んでいきましょう。
自分は何がしたいの?

って悩む若い人は多いと思います。
もう若くない私だって、今も思う時があります。
心に聞きながら進むんです。

それは本当に正しいの?
自分にウソはついてないの?
自分にとって正しいかどうかです。

時々立ち止まって考えます。そんな時間が必要です。

あまりに仕事に追われ続けると、それを考える暇がなく自分と心がかい離し始めます。そうなるのがすごく怖くていつも足がすくみます。はい、仕事が出来るタイプではないんです結局(笑)
「もう少しメンタルを鍛えないと、お前はやっていけない」って言われました。昔お世話になっていたシェフに。
そう言いつつ、でもお前はしょうがない。ってあきらめの色も感じましたけど。

そんな自分が一番めんどくさいと思ってるのは私自身だったりします。しょうがないですね。自分を放棄することはできませんから。

そんな私ですが、なにより失いたくないものは大切な人たちの笑顔。それを見るためにやるべきことを考えます。私になにか出来るはず。

写真がないので、ある日の朝ご飯の写真を貼ります。

DSC_5576

DSC_5576

まったく関係ないね(笑)

お読み頂きありがとうございました。

 

自分の原点を見る事

東大阪、八戸ノ里のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人ナガオクミコです。
先日のお菓子缶工場見学とセミナーで、私が聞いたこともないような経営のお話が聞けたので、書き出してみるといいって言われたことを書いてみました。

正直、これを書く前は何を書いていいかさっぱり浮かばず、書けないんじゃないかと思ったんです。頭の中には漠然とあるものの、言葉にして文字にしてみることなんて考えませんでした。

でも実際書いてみると、だんだんと頭の中に浮かんでくる。次々と。

 

DSC_5923

DSC_5923

DSC_5924

DSC_5924

自分の原点を思い出し、目的地がどこなのか見えてきました。

この仕事を始めた時、いっぱいいっぱい夢がありました。
考えるだけでワクワクしていてもたってもいられなくなって、夜中にケーキを焼きだすという謎の行動を起こしたり(笑)若いですね。
青い夢でしたけど基本的にそれは今も変わっていませんでした。

それを仕事の原動力とするために。
私の挑戦は、まだこれからです。
やっと始まったばかりです。(おそーーーーーーーーー!!(*´▽`*))

幸せな菓子職人人生だったって言いたい。人生の最後には。

 

そんな事を考える機会を下さった今回の講師の北海道の藤井千晶さんと大阪製罐の清水社長に感謝しています。

19247889_628476944018400_551750649654103283_n

真ん中の黄色いカーディガンの女性が藤井さん。モンガくんの元になったソフトくんの生みの親でもあります。
その左隣、スーツ姿のおとぼけ顔いえ、小顔のイケメンが清水社長です(笑)

 

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

シンボルカラー制定

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人ナガオクミコです。

先日の月曜日、久々にセミナーに行ったんです。
お隣の駅、若江岩田にあるお菓子缶メーカー。
大阪製罐さんの工場見学とセミナーです。

そこでゲスト講演者は北海道の藤井千晶さん。倶知安にある和洋菓子店のオーナーです。
まだ30歳代と若いのに、お店の経営に手腕をふるい自分のお店のみならず地域までも盛り上げています。

お菓子のふじいHP

そこで重要な事はもうほとんど全部のような気がしたんですけど
その中で、ひとつでも72時間以内に実行することが大切だと教わりました。
講演する人は、聞く人に対して「お役に立ちたい!」って気持ちが強いようで「実践して成果を上げています。」って言葉が嬉しいとよく耳にします。

おいそがしいのに講演を引き受けて下さったご恩に報いるためにも、
ここはひとつ!
実行に移そうと!

「お店のシンボルカラーを設定すべき」というアドバイスに従って。

それを聞いた時、何となく緑が浮かんだんです。一番好きな色かもしれない。
私が好きな植物の色。

 

19275071_1970774389872824_1705566535545686424_n

 

はいキターーーー!!
緑のおじさん!!!(≧▽≦)

っていうか黄緑色(;^_^A

お友達の酒屋さん、香川県のタニーズの中川さんから送ってもらった甘酒がおいしい!!😋の図。

タニーズ 中川さんのブログ

はい、ご恩に報いたい気持ちはあるのにおふざけに走ってしまう。
もうしょうがないですね💦
すみません
(でも緑が好きなのは本当なんです)

今日もお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m

父の日

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋モンガトウの嫁でお菓子職人ナガオクミコです。
結婚してここに住むようになって20年が過ぎました。

今日は父の日でしたね。
父の日ケーキを作りながらも、なぜか自分の父の顔は浮かばない。そんな薄情な娘ではありますが。

私が子供の頃は、父はすごく厳しくて、友達の家に泊まることはもちろん、友達と夜店に行くことも許されず、門限もバカみたいに早かったです💦
口うるさくて煩わしいと思っていました。なんでもダメだと言われました。なんでうちだけこんななんだろうって父を恨んでいました。小学生の分際で(笑)

今ではいつも何かしら私を心配をしています。そんなに心配される年頃でもないですけどね(*^^*)いくつになっても娘は娘ってことです。

性格や顔、体質までも私は父によく似ているようで、父の手先が器用なところも少し受け継いだみたいです。今、それで仕事をしていますからありがたいと思います。

o0300020013691972158

o0400026713691972072

o0480032013691971955

まったく及びませんけどね💦

私に遺伝するまでに10パーセント程度には薄まった感じですね(*´▽`*)
うすーーーーーーーーー!!

さて、私もまだまだ修行が足りないみたいです。
どうかまだ成長しますように(^^♪

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

コックコートが好きです♪

東大阪の八戸ノ里(やえのさと)の地名は駅名だけで住所の表記にはありません。
ここは確かに八戸ノ里ですが、住所は下小阪(しもこさか)です。

八戸ノ里商店街のお菓子屋、モンガトウの嫁で菓子職人、ナガオクミコです。

お菓子屋になる前から、ずっとコックコートは私のなかで強烈に憧れるものでした。
パティシエの象徴のように思っていたんでしょうね。
今でも好きなのでずっとコックコートを着ています。

コックコートとはこれです。

main_bsum

画像ちっさ!!(笑)

ごく一般的な調理服(コック服)ですね。

最近ではコックコートも随分と様変わりしてきました。
デザインコックコートと呼ばれたりしています。
お店のシンボルカラーやスタイルに合わせて特色を出すためなんでしょうね。

またコックコートにとらわれないスタイルも見かけます。
どれがいい悪いじゃなく好きなものを選択できる自由な業界になってきていいなと思います。

さてこのコックコート。調理専用服として作られただけあってその隅々まで工夫があります。

 

DSC_5758

DSC_5758

一番目には、特徴的なこのボタン。
組紐ボタンと言ってひもで組んで裏へ縫い付けられています。
30年近くコックコートを着ていますがこのボタンがほどけたり取れたりしたことが一度もないんですね。樹脂製のボタンのコックコートも着ていたことがありますが、どうしても糸が弱くなって取れてしまったり、割れてしまうこともあります。ボタン付けの手間が省けるという利点と、それよりもっと大事なのはボタンの脱落による食品への異物混入を防ぐ。という点です。

見慣れない人がこのボタンを見るとデザインが可愛いと思う事もあるみたいですが、見た目より実用性を重視した形です。
万が一、熱湯などの熱いものを被ってしまった時に引っかからず素早く外せるボタンでもあります。

 

二番目に、袖の形です。

main_bsum

この袖かなり長めに出来てます。男女兼用というかもともと男子用しかなかったコックコートは(昔は厨房に女子がいなかった)女の人が着るとこの袖で指先まで隠れちゃうくらい長いんです。袖の先は二重になったカフス。凝った作りになっています。
これはオーブンや火を使う厨房で腕や手の甲を守るためと、カフス部分で鍋つかみにするように出来ています。鍋つかみにしたことないけど(笑)

三番目には前立ての形。

前の打ち合わせの部分です。ダブルでボタンが二列になってます。
この部分は2重の打ち合わせがダブルですから布は少なくても4枚合わせ。
なぜこんなに分厚いか。熱から体を守るためです。体の正面で鍋を扱うことが多いですから。この4枚布のおかげで安心感が違います。抱えられないくらいの大きな熱い鍋でもお腹で支える事が出来ます。あと前が汚れたら左右の打ち合わせを逆にしてキレイな面を出して着ることが出来ます。緊急的にね(^^♪

四番目、襟の形

スタンドカラーになってます。油ハネから守るためですね。これ確認してないけど多分あってます(笑)

さて、なんかマニアックな内容になってしまいましたが、この形の理由って言うのを探るのって面白いですね。コックコートに限らず。
考えずに使っていても、実はそれを作った人はすごく考えている。そんなものはたくさんあるんだと思います。

そんなものに思いを寄せて、感謝しながら使いたいです。

あ、このコックコートものすごく丈夫なんだけど!

乾きにくいです!!以上です(笑)

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

素直に聞けないお年頃💓

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。

お客様の赤ちゃんがもう可愛くて💓

DSC_5720

DSC_5720

天使やん!!!

19145726_625704727628955_4105847986737639243_n

赤ちゃんの若さを吸い取ろうとしてるところ(笑)
ふふふ(*´▽`*)💓

あ、お客様はこの左の、一年の5分の4を短パンで過ごす社長!ではなく係長、安達くんです(笑)今日の短パンも派手だねぇ(;^_^A

大阪石材の名物係長、安達くんは水曜日が休日で子守の日です(笑)
奥さんを休ませてあげるなんて偉いね。

 

さて、今日考えたことはね、素直って事について。

私、自分は素直とは言えないまでも、少なくともひねくれものだとは思ってなかったんですよね。ちゃんと人の意見を取り入れられる。聞き入れられる人間だと勝手に思ってたんです。

でもね。今、ダイエットのトレーナーの指導を受けてるんですが、アドバイスについてどうしても「それはなんで?」って聞きたくなっちゃうんですよね。

例えば、空腹のときに甘いものを食べないほうがいい。とか
1日の最後の食事には糖質を摂らないほうがいい。とか。。

これの理屈なら分かるんですが、時々理由が分からない時があるんです。私の知らない事を専門家のトレーナーは色々知ってますから。

自分が納得できないと呑み込めないタチなのか、単にイニシアティブをとられていることに反発しちゃうのか分かんないんですけど(笑)
(いや、後者あり得るな(;^_^Aすんません。)
「えっ!それは何ゆえに!!!???」って。

私メンドクサイやつですね💦

で、最後の理由。私が素直にアドバイスをきけない理由。これが一番の理由ではないかと。。

 

アラフィフだから。

 

人生50年近く生きてきますと素直さがなくなります。(私だけかも知れないけど💦)
アドバイスを素直に聞き入れないで自分の頭で都合よく解釈しようとする。
おばちゃん特有やないか!!!(゚Д゚;)

いいですかみなさん。
トレーナーに関わらず、専門家に任せて言う通り素直に実行しようとする人のほうが絶対伸びます。私が言うんだから間違いないですwww

そんな私についたお気の毒な肉体改造トレーナーはこちら。
同情票が集まりますね(笑)

19059691_1966664000283863_6884473682537631555_n

はい、キターーーーーー!!!!(‘ω’)ノ

 

的確なアドバイスであるにもかかわらず、私に
「えーなんでーーーー!?」っていちいち聞かれる人。
すみません。私の甘えです!(笑)

写真をクリックすると勝手に入門のフォーマットが開きます。(ウソ!!(≧▽≦))

ホントはココ(ジムのホームページに飛びます)
こんな風にムキムキになるんではなく、ただ痩せるんでもなく、体を作りながら整えます。

はい、それでは今日も飲んで寝ます!

プロテインを!!(‘ω’)ノ

今日もお読み頂きありがとうございました。