音楽と写真とブログの事

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人、長尾久美子です。

wp-1479135703892.jpeg

またワードプレスの問題なのか写真が入らなくて、古い写真でごめんなさい。
そしてインカメで笑顔が作れない私。
真顔やん。。。

最近はブログを書いたり書かなかったり。そんなだったんですけど、
ある人のブログを読んで、

「やっぱりこの人好きだなぁ。」って思ったんです。

そんなにしょっちゅう会ってるわけではなくて、一年に数回程度。
でもブログを読むだけで、次に会った時には

どんなところが素敵なのか、
どんな笑い方をするのか、
話し方はどんなんだったかな。

ってよく見て覚えておきたいって思ったんです。
好きな人にはみんなそう思いますよね。

そのブログにはその人の考え方とか、日常、子供への思いが素直に書かれています。
それはもう、ただ素直な気持ちを。

ブログがその人を十分に語るものなら、私ももっと十分に書き尽くしたい。
読んでくれる人がいるのなら。

ついついオチをつけなければいけない気がする大阪人のサガも。
それもやっぱり自分自身なわけで(笑)

さっき音楽を聴きながらパソコン内の写真整理をしました。
好きな音楽と好きな友達のたくさんの写真が同時に流れてくる幸せな時間。胸の奥に温かいものが溢れてきました。

私はこれほどの笑顔を向けてもらって、毎日を生きている。

なのに私の笑顔はいつも固いです。
カメラに向けてさえ、ちょっと気持ちを閉じる自分の写真を自分で見ていてすこし胸がチクリとします。でもそれでさえも私自身。。
カメラに向かって笑えるように。
カメラの向こうにいる人に向けて気持ちでは笑ってます( ^ω^ )

 

ちなみに今、流れているのはミスチルの「進化論」っていう曲です。
私も進化できるかなぁ(*’ω’*)

今日もお読み頂きありがとうございました。

 

日本語の情景

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)のケーキ店、モンガトウの長尾久美子です。

桜、散りそめ🌸

また桜の話ですみません。
前回、花の終わり方の表現について、

たくさんあるなぁ(*´▽`*)

とか言って、全然書いていませんでした(笑)
後から読み返してびっくりしました。眠かったんですかね(*´▽`*)

201104071548115ca

 

 

言葉って文化ですね。感じない事を表現する言葉は存在しないから。
何かしら感じるものを表現して言葉になるから、言葉が多いと言う事は感覚が豊かだと言う事ですね。
花の終わりの日本語表現がたくさんあることは、日本人の感性が豊かだと言う事です。

散る 桜
こぼれる 梅
落ちる 椿
舞う 菊
くずれる 牡丹

訊きました、グーグル先生に!(笑)

私が前から感じていることは、日本語が美しいのか、それを聞いて浮かぶ情景が美しいのか。
例えば、朧月夜という曲。
この曲、なんて美しい曲だろう、と思うんです。
歌詞書いても大丈夫かな?著作権切れてるかな?

20150415_1423400

大正時代でした。全然大丈夫でした。
この歌詞の美しさにビビりました。

特に、中島美嘉の朧月夜を聞いた時( ;∀;)
葉加瀬太郎のバイオリンが悲しくもダイナミックで。

これは日本語が美しいのか。
浮かぶ情景が美しいのか。

両方なんですね。
聞いてもらいたいと思ってYouTubeを貼りつけようとしたけど、オリジナルが見つかりませんでした。

なので、これで。

モノマネかいっ!!!

プププッ、、でもおもろい( *´艸`)

朧月夜でもないし。

あ、いや、是非本物の「朧月夜~祈り~」を聞いてみて下さいね。

あ、あかん、ミラクルひかるのモノマネにはまって見続けてしまうーーーー!
それでは、続きを見ますのでこの辺で!(≧▽≦)