Sの極み(ダイエットジムの話)

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウのナガオクミコです。運動したいと思う事はありませんでした。時間がないっていうのをいつも言い訳にしていました。

若い頃はスポーツ好きだったけど、大人になってからの運動はお金と時間がある人がするものと思っていました。
でも色んな人と知り合ううち、健全な精神の持ち主で仕事の成果を上げている人は、みんな自分の体を鍛えている。それを感じるようになりました。そんな人たちを尊敬していました。

それでもやっぱりジムやスポーツクラブに通うまでのモチベーションは私にはありません。行動力も度胸もないです。

月に4回だけのお休み。
その4回のうちの半分の2日ジムに通い出しました。実質一時間ほどですけど。
正直、マッサージとかリラックスできるところがよかったけど(笑)

 

 

DSC_5262

DSC_5262

こんなゴリゴリマッチョなトレーナーと出会ってしまったんですね――――。。。

来てしまったよ!
生きて帰れるのか。。。ピーーーーーーーンチ!!!

 

モンガトウのお客さんなんですけどね💦
いつも筋肉筋肉ばっか言ってて、正直めんどくさ、、あ、いえ、筋肉以外でお話しませんか?って感じだったんですよ( ̄∇ ̄;)アハハハハハ。。。

全く筋肉に関して聞く耳が出来てない私をここへ通わせるまでにした人。
いえ、まだ2か月ほどですけど。それでもすごい事だと思います。
この金属のフレームも、おもりの数々も、あとなんか分からん器具もいっぱいで怖いけど。。

黒が基調の地下室みたいなトレーニングルームは癒しの空間には程遠いのに!
毎回通うたび、

「なんで私、自らここへ来てるんだろう。。」

(ここ変態の館ちゃうん!!!)

って不思議な気持ちでいっぱいです(笑)

 

received_1280772992044806

こんな目にあってるし!!!!

水を近くに置いたつもりが、スクワット直後で立てなくなり這って取りに行ってるところが面白いらしい。。。。。。

ドSトレーナーですよ!!!!!!!!!!!!!

はい、それではこんな目に会いたい奇特なお方も広い世の中にはいると聞いてます。こんな紹介でいいのかと思いますが、私にはこうしか書けません!!

でもね。自分の体の為に頑張ることは楽しいです。
自分で甘えを断ち切れない私のような人にはいいと思います。

今の自分の状態は本意ではない。心の中でそう思いつつ変えられないのが人間です。そこをメンタルと肉体の両面から、その人自身の本質に至るところ、そこまで見てくれます。

マッスルジム 東大阪 瓢箪山

IMG_4804

てんこ盛りごはん型頭のトレーナー、油田(ユダ)マッスルがお待ちしています(≧▽≦)

 

あ、もうすぐジムに行き始めて2か月です。9キロ落ちましたYO!!!!!!

ここ強調ね!(*´▽`*)

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

痛みについて考えた

東大阪のモンガトウのナガオクミコの八戸ノ里です。

なんか全身痛くて何も考えられません!文章だっておかしくなります。
昨日のハードな筋トレのお陰です。。。

痛みというものは何であるか。。
全身が痛みに包まれるなんてことはなかなかないので、頭の中が痛みに支配されるとき、いったい何が起こってるのか考えました。

普通、痛みというのは体からの警告の信号だと思うのです。
ここ、注意しなさいよ!

ここ、痛めてますよ!

指、挟んでますよ!

頭痛いのは寝不足じゃないの?

腰、それ以上使うとギックリになるよ!

それを脳に伝えて体を守る対処をしてもらうために発する信号。
ずっとそう思って生きてきました。だからケガを避けて生きてこれたんですよね。

さてそこからですよ。問題は。

筋トレで筋肉痛が起こった時、生活に不自由ですよね?
気持ちはネガティブに、仕事へのモチベーションは限りなくゼロに、なんか座ってできる仕事を探し(笑)、接客ではお客様が帰った途端、ヨボヨボに戻る(;´∀`)

それを避ける方法はないものかと思っていたんです。

なのに筋肉痛で辛いって言うたび、

 

 

「おめでとう!」
「ナイス!筋肉痛!」
「良かったですね♪」
「筋肉が喜んでいますよ!」
「素晴らしいですね!」

 

 

 

 

 

「は!!何言ってんの?」Σ(゚Д゚)

どこからか湧いてくる変態たちが生き生きして言ってる!!(-_-メ)
誰も痛みについての対処法とか教えてくれない!

 

痛みが嬉しいとか、私はまだまだそんな心境にはなれません。
痛いものは痛いんです。
痛みを与えるものは敵です!

31b3a92b0a

 

きっと明日も痛いんです。
ああ、どうしよう。。。

でもね、気がつきました。
今日は肩が特に痛かったんです。
ううう、イタイ。。。。。。。。。

あれ?

でもね

これ関節の痛みじゃなくて筋肉痛なんだから時間がたてば必ず治るもの。。。
痛みの原因がはっきりしてるもの。
四十肩とか五十肩とか直すのが難しい痛みじゃない痛み。。。
しかもこれが過ぎれば確実に筋力がアップしている(はず)

 

 

 

なにそれ幸せやんか!
痛くて使えなくなるより、幸せやんか。。

ちょっとだけ私も成長したのでした(笑)

 

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

ユダマッスルが解決してくれる

18879846_1960146937602236_1396725209629352893_o

眠い目になってますね。
筋トレの後はすごく眠い。。トレーナーに聞いたら、なれない人がやると誰でもなるんだって。

じゃあ、不眠症の人がやればいいね(笑)
帰りの電車で乗り過ごしそうになったもん(+_+)

私は若い頃はスポーツ好きでした。特に球技と水泳。

パティシエの仕事は体力勝負です。だからスポーツで頑丈に作られた体じゃないと持たない。でも大人になって運動から遠ざかってからは何をするにしても力を使わない方法が効率的だと思っていました。エネルギーを使わないように長時間働けるようにすることが必要でした。

 

東大阪の八戸ノ里のケーキ店、モンガトウのナガオクミコです。
筋肉とかプロテインとかBCAAとか。運動をしなくなった私には、プロのスポーツ選手と一部の筋肉おタクの皆さんだけが必要とするものと思っていました。(すみません)

 

自分には全く違う世界のものだと思っていたんですよ。
そうですね、私とゴスロリくらい距離があり無縁のものと思っていました。(例えがアレですねw)

でもね、スポーツに夢中になっていた時、走り回ると心臓がドキドキして息が上がって体中に血液が送られて酸素を運んでくれて。。。生きてるなぁって実感して命に感謝していたことを思い出したんです。運動しなくてもそれに感謝出来る人はいるけど、私は普段の生活で運動をする事がなければ心臓の存在だって考えることもない。

自分が大切に思う人の心臓も、休みなく動いていてくれるからこそ一緒に遊んだり笑ったり出来る。

私の体は何もしなくても心臓をいじめてるようなもんです。
いつも一生懸命拍動し続ける心臓。なのに大切にしていない。

と、そんな事を考えるところまで私から引き出してくるトレーナーは。

東大阪、瓢箪山プライベートジム、油田マッスルジム 油田圭介さんです。

IMG_4804

ハゲましとノセる使い分けが上手いんだと思います(笑)いえ、本当に(≧▽≦)

トレーナー選びって大切ですよね。こちらは輝きが違いますよ✨

それではまた

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

透明人間作戦失敗の巻!!

 

こんにちは

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)の4駅お隣は瓢箪山。

私は八戸ノ里のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。

お菓子屋にとって12月から5月の半年間はイベントが立て続けにあって忙しいシーズン。やっとそれが終わって一息つきました。

さて、疲れも溜まってる事だしここはひとつそうね、優しいアロマの香りで癒してくれるリラクゼーションサロンとか💕(行ったことないけど)

温泉やサウナでリラックスするのもいいわぁ💕

岩盤浴とか💕(行ったことないけど)

ヒーリング音楽が流れて間接照明が落ち着いた雰囲気のマッサージサロンとかぁ💕(行ったことないけど)

癒されたいなぁって思って行ったところは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18485736_613484075517687_2377586574194222584_n

 

 

まちがえたよねー――――――――!!!(ToT)/

 

ゴリゴリのマッチョがおるんやけどぉぉぉーーーーーーー

(´;ω;`)
すみませんでした、間違ってピンポン押しちゃいました、どうか命だけはお助け下さい。。。。

私とシェフで並んで写真を撮ったのに、私はビビってシャッターの代わりににホームボタンを押すという失態で写真はシェフのしかありません((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

はい、今話題の有名ジム、あの短パン社長オクノヤケイスケ氏も訪れた油田マッスルジムに来てしまいました。(東大阪瓢箪山)

ブログはこちらーーー

 

可愛いはずの赤いシャツがこわいよぉーーー。。

 

今、私を取り巻くフェイスブック上のあちこちでこのジムにかかわるダイエットだの、ワークアウトだの、筋肉だの、それはもう目にしない日はなく、そんな中で自分がどれだけ無関係な顔をしていられるか、もう空気みたいに透き通って生きる事は出来ないか。透明人間的SNSの中の人になれないかの挑戦を続けておった訳です。独自に。

でもね、そんな地道な努力もむなしくこの人は私を見逃してはいませんでした。

DSC_5262

DSC_5262

 

当たり前かーーーーーwww

 

いや、まあ、どんだけ自分を甘やかし続けるのか。と問うているように感じるこの鋭い眼光。

いや、ごもっともです(;´∀`)

はい、真面目な話、お菓子作りは体力勝負です。それは間違いないのです。

私達より上の世代、私が仕事を教わったシェフたちはみんな50代半ばで体を壊して引退してしまいました。自分の健康を犠牲にして長時間働くことが美徳とされていた時代です。でももうそれは自分たちの時代で最後にしたい。

と、思ってはいてもなかなか行動を変える事も出来ずにいました。それを口実にやっぱり自分を甘やかしてしまいます。

さて今後どう変われるか分かりませんが、出来るだけ元気に長く好きなお菓子作りを続けるために、マッスルの指導に従って肉体改造にちょっとだけ取り組んでみます。(ちょっとだけなのーーー??ww)

だって、腕立てほんの数回で肩が激ダルやねんもん!!アラフィフには無理は禁物やねんもん、あーんごめんなさいーーーーー(ToT)

はい、そんなわけで私が劇的ビフォーアフターを果たしたらマッスルジムの輝ける広告塔になれるのかもしれませんが、なりたいですが、無理です(笑)

本職は社会保険労務士!理学療法士の資格を持ち実務経験もある素敵な変態筋肉トレーナー油田圭介氏のブログはこちら

今日もお読み頂きありがとうございました。