ダイエット経過報告3(トレーナーが鬼な訳)

 

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子店、モンガトウの嫁で菓子職人、長尾久美子です。

チョコレート作り真っ最中ではございますが!!
ダイエットネタですよ!!

去年の5月下旬から続いています一年計画のダイエット。
タンパク質を摂りつつ、筋トレもしつつ、食生活を見直しつつ体を絞っています。
毎日の食事、体重をトレーナーに報告します。

事実から目を背けたい私に、厳しい現実を突きつけるトレーナー。。
トレーナーを味方につけるべきなのに、遅れてきた反抗期なのか敵対心を燃やしてしまう私(笑)

そっちがその気なら、私は戦うで!(←違うw)気がつくといつも戦闘態勢な私!なぜなのか!!

このトレーナーはですね。
うちのお客さんだったんですけども、お客さんとして接していた時はそれはもう優しい人だったんですよ。

(´;ω;`)ナノニ。。。

 

 

 

 

今、こんなですからね!!!(ToT)

地獄へ送られるんかワタシーーーーーーー(@_@。

トレーナースイッチが入ってる時と入ってない時、別人です。
これがプロなのねーーーーーーー( ゚Д゚)

特別腹筋破壊メニューにより動けなくなり「このまま放置してくれていいです」って言ったら、「いや次のお客さん来るんで。」って言う氷のように冷たい言葉を頂きました。お客様の目標達成のためなら嫌われることも厭わない。

なぜなら!!

鬼だから!!!

※参考画像です(笑)

 

8か月を経過しました。今で22㌔減です。
最終的には30~35㌔減の予定です。

真面目な話、大幅なダイエットは時間をかけないと体に負担をかけるので、その間のモチベーションの維持が難しいです。20㌔落ちた時点で当初の自分の目標として十分だと油断してしまった私は、それ以上の目的を見失いました。
大きいサイズやネットショップからしか選べなかった服が、普通のお店で買えるようになり不自由を感じなくなりました。普通の人が普通に買えるユニクロに着れるサイズがない時はとても不自由でした。廉価なユニクロでも私にとってはまるで高級ブランドのように手の届かないものでした。

そこからの目標を見つける事は、まるで道に迷ったようでした。
考えるうち、ダイエットは生き方だと思うようになりました。もう何も自分の心の中を自分に隠すこともできず、全部さらけて見つめなおすのに時間がかかりました。

世の中の痩せたいと思ってる女性全員に、痩せてどうなりたいか。って聞いて歩きたいくらいでした。ジムに通い始めた時、一番最初に聞かれた「痩せてどうなりたいか」っていうトレーナーの質問にずっと答えられなかった事を思い出しました。

私なんかが普通体型くらいになる事を望むなんて高望みで言えなかったんですね。考えること自体ダメだと思ってました。長年太ってると「私なんか」って思いが身についてしまうんです。太ってる自分を嫌う事で、他の太ってる人をも嫌う事になりはしないか。。。それも怖かった。(余計なお世話だって言われそうですけどね)
もう迷路ですよ。つくづくめんどくさい自分だと思います。

「太ってて何ひとついいことないでしょ?」ってトレーナーは言います。
でもね、

ひとつだけね。

太ってると(太ってた経験があると)、太ってる人の心の痛みが分かります。
自分を肯定できず、自分が好きになれず、「私なんか。。。」って言葉がいつも心にある。心の痛みに触れられたくなくて何をするにも臆病になる。

トレーナー自身もその経験がありますからね。自分が嫌いで苦しかったんだと思います。私と同じように。それで肉体改造に目覚め、痩せたい人を救いたいと思ったんですね。

さて、この後13㌔、達成できるか実は微妙ですけど鬼と一緒に目指します(笑)

私の通ってるジムは

大阪、なんばのとなり桜川駅すぐ
ユダマッスルジム
(SNSでのサポートコースもあります)

 

 

 

エクスマ新春セミナーで学んだ事

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋、モンガトウの長尾久美子です。
ドキドキでした。東京なんて行ける気がしなかったんです。

ちょうど一年前、毎年恒例の新春に行われるエクスマセミナー。一番大規模で一番人が集まります。会いたい人たちがこぞって参加しているセミナー。
ひっそりと

いいな、行ってみたいな。来年は行けるかな

って思っていました、実は。
でもあっという間に一年が過ぎ、新しい年のセミナー参加募集を目にしました。

もう、一年経ってしまった。。
でもまだ私は行ける自分になってない。

って口実を作り、また勇気をしまい込んでいました。
でもきっと私はまた当日のツイッターやFBを見て後悔する。それも薄々感づいていました。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、シェフは聞いてきました。
行かないと答える私に、

「なんで?なんで行かへんの?」

実はシェフは大きなセミナーの度に私にこう言ってきます。そのたびに私は
「今は○○の仕事が忙しいから」
とか
「こないだ行ったからまだいい」
って断っていました。

今回の「なんで行かへんの?」っていう質問にはうまく答えられなくて、ごにょごにょ言ってたらシェフは半ば強引に東京行きのバスチケットを手配し、帰りの新幹線のチケットまで予約してしまいました。。。。

いや、あのね、ちょっと待ってよ!!!

 

 

 

 

それならホテルもとってくれへん?(*’ω’*)

 

行くんかいっ!!(笑)

なぜかホテルは放置でした。それくらい自分でやれって事でしょうね。

慌てて一週間前に自分でとりました。人生初のカプセルをーーー!!!

逢いたい人達の顔を思い浮かべると、重かった足が急に軽くなりました。
やっぱり行ってみたい気持ちがあったんですね。
たくさんの人がモンガトウに来てくれるのに、私は自分から会いに行こうとはしていない。ましてやセミナーは自分の勉強のためなのに。

結果は。

本当に行って良かったって思います。色んな人と知り合う事は自分の中に新しい世界を作る事。新しい自分を知る事。目の前が明るく開けるような瞬間は外を見ないと見えるはずがないのです。

昔々、20代だった頃の私は、知らない世界を見たくて色んなパティスリーで働き、最後にはフランスへ行きました。一人で知らない土地へ行くことには何の躊躇もせずに。もっともっとパティシエ放浪のような生活を続けたいと思っていました。東京へも行く気満々でした。それで自分が磨かれるんだと信じて疑わなかったです。
シェフと結婚して突然放浪は終わりを告げましたけどね(笑)

あの頃の私はどこへ行ったんだろう。って思っていましたが、今回の旅はそんな昔の私を少しだけ思い出しました。若かった私に出会えたようで懐かしかったです。

 

セミナーは演劇が中心で、見ごたえがありましたが藤村先生の意図を汲むには私にはなかなか難しい。すいすいとは呑み込めないのです。

演じる事。
それは自分にないものを作り出す事なのか、自分の中から掘り出すものなのか。
両方なのか。

自分の事は自分が一番よく分かってるようで、実は分かっていないかも。
店にこもっていたいのか、それとも外が好きなのか。
シャイでどうしようもなくて自分でも嫌になるけど、実は表現したい事もいっぱいあったり。
面白おかしいことが好きで、笑ったり笑わせたりが好きだけど、
暗く重い一面もあったりして。

そんな自分の多様な内面を表現せよとの意図がこのセミナーにはあったのか。

セミナーの意図は、感じるひとのそれぞれ。

どれもが正解なのかもしれません。

子どもたちの自由な絵。

真っ白い紙に躊躇なく自由な線をえがく心。

くしくも、経営者はアーティストであれ。と藤村先生もおっしゃっています。

この子たちは上手に描こうとか、褒められたいとかそんな事は関係なくただ自分の好きな絵をかくだけ。ただ自分が楽しんでいるだけ。

そんなやわらかな心を、子どもたちに教わります。

こうやって表現すればいいんだと。

 

おわり

 

 

ダイエット塾新年会

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。

先日のマッスルダイエット塾の新年会で。
一番右がワタクシ。

普段、おしゃれな飲食店で食事をする事などほとんどないです。
しかし、SNSから繋がるご縁を頂いてからは、たまにこういった集まりに参加させていただいてます。
ダイエットメンバーの心理カウンセラー金子いく子さんの旦那様のイタリアンレストラン西宮の「ディアモクッチーナ」さんです。
超美味しいし、なにより金子シェフのおいしいものを食べさせたいパワーがすごいお店です(笑)

 

 

あんまりない事ですのでついつい嬉しくて、
デザート特盛を前に、奪われないよう周りを牽制する目つきのワタシ。

みなさん呆れていたと思います(笑)

美女に紛れて写真に写ろう作戦はこの通り失敗して自分だけ膨張している。。。

 

ちょっと離れたところから、笑い声が聞こえてきて何かと思ったら
私がドラえもんみたいだと褒められてたみたい(笑)
照れるぅ(*´▽`*)

21キロ痩せて気が緩み、「こんなもんでいいかなーーww」とか言ってたけどこれを見て目が覚めました(笑)
あと10キロは必須!!とのトレーナーの言葉は至極当然だと思いました(*´▽`*)
嫌がらせかと思ってましたw

ちょっと待ってね、
これ食べてから痩せるわ💕

なんか嬉しくなって、いっぱいしゃべった気がするけど興奮してちゃんと喋れてなかったですね。私にしてみれば深刻な、体型の悩みを話すたびになぜか笑われるし
私の常識は、他人の常識ではなかったことに気づきました。

もともと人の集まるところは苦手な私。カメラを向けられることも苦手だし、上手く笑う事も出来なかったです。

この時初対面だった、ネイリストとしてご活躍の力武あこさん(右)は、気遣いが細やかな素敵な人でした。大きな目がクルクルとよく動き生き生きとしていました。ワタシよりずっと年下なはずなのに大人な女性でした。

私の後方、人間観察によるイジリの天才、マックスこと壁下氏はSNSの暴君として塾生さんたちに恐れられて

絶大な信頼を得ています(笑)その壁下氏率いる仲間たちは、一人一人の個性を魅力的に伸ばしている人ばかり。すべてこの壁下さんの影響でしょうね。

今年は私もちょっとずつ外に出ます。リバウンド防止のためにも(*´▽`*)

おわり

 

犬といぬとイヌ

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋、モンガトウの嫁、長尾久美子です。

結婚前、実家では犬を飼っていました。
ネコも、鳥も、金魚も(笑)

今年は戌年なので今日は犬の話をね。

中学2年の時、マンションから戸建てに引っ越しました。転校することになって友達と別れるのがイヤでしょうがなかった私に父が、「犬が飼えるんやぞ!」って言いました。一気に寝返りました(笑)友達の離れることも致し方なし。そう思いました(*´▽`*)
約束通りに飼ってもらった最初の犬はミニチュアピンシャーって犬でした。

282089

見た事あるでしょ?
ドーベルマンの小型犬です。
この子は短毛種なので超寒がりで冬になるといつもストーブの前で毛布にくるまっていました(笑)ねこみたいでした。
体もあんまり丈夫ではなくて、一番獣医さんのお世話になりました。
こんな見た目ですが名前はポチです!

img_1

次に来たのが、公園に捨てられてた雑種のこの子。
大人しくて賢くて丈夫で従順で、一番手がかからない子でした。

snapcrab_noname_2016-2-7_21-22-44_no-00

その次に来たのが、当時の私の職場の近所で生まれたビーグル。
ちょうど最初に飼ったポチが死んじゃって、一匹だけになり寂しかった時に現れてくれました。その時お世話になってたシェフが、「犬好きやろー?見ておいでよ」って言ってくれました。見れば飼いたくなりますよね(・´з`・)
その日のうちに家に電話して、父に了解を得た私は上着の懐の中に入れて、この子を連れ帰りました。胸のところで、クーンクーンって心細そうに鳴いていました。

この中では一番のアンポンタンだけど母は一番かわいがっていました(笑)
新しい首輪を買ってきてつけた次の日に、もう首輪が見当たらず
「首輪どこ行った?知らない?あんた知らない??」って私や他の犬に聞きながら大騒ぎする母を、
付けてる首輪がなくなるなんて、そんなアホな。って笑っていたんですけどね。。。。

出てきましたよね、次の日。お尻から。。。(汚くてすみません)

はい、真新しい首輪は牛革で、まだ美味しそうな匂いがしたんですかね(笑)
食べちゃってました。金具ごとだったんで獣医さんへ連れていったり大騒ぎですよ!ハズカシーーーーー!!!

私も親も仕事がすごく忙しい時期であんまりかまってあげられず、そのせいか一番短命でした(´;ω;`)なんでもっと一緒にいてあげなかったんだろう。。

猫も飼っていたので、猫も好きなんですけどどちらかというと犬派です。
犬はネコみたいに気ままではなく、人間を全力で信頼し、いつでもどんな飼い主でも大好きなんです。
三匹とも性格や体格も違いましたが、そこは同じでした。
ご飯よりなによりお散歩が好きで、行く時は全速力、しかし帰りはだんだん足取りが重く、毎回家の前を通り過ぎようとしてました(笑)

真っ黒な目で私の顔を見つめ、いつも「なんか命令して!!全力でやりますから!!ワタシ出来ますから!お手ですか?お座りですか?あ、伏せですねっ!!ハァハァ!!では、おやつちょうだい!!」
って顔をしていました(笑)
はぁ、可愛かった。。(*´▽`*)

愛情を注げば注ぐほど応えようとし、愛情が注げなくなってもずっとひたすら大人しく待っている。そんな子たちでした。
今は何にも飼えない環境だけど、子供のころからたくさんの動物と暮らした記憶はいまでもずっと私の胸に幸せな記憶として、そしてちょっと痛みを残しているのでした。

終わり

新年の思い

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街の真ん中あたり、ケーキ店モンガトウの嫁、ナガオクミコは菓子職人でございます。

新年明けましておめでとうございます。
書くのか書かないのかはっきりしないブログですが、よろしくお願いします。

新年の目標とかは割と設定しないほうです。
一年で区切ることにあまり意味を感じないからです。

あ、あくまで私は。って話ですから設定したい人はいいんです。設定する方がモチベーションが上がる人も多いですから。
ただ、私も目標は設定しますが一年単位ではないです。
それがいつでも、何日でも、目標は設定してそれを日々心に置いてそこへ向かい続ける方が好きです。知らないうちに達成していてさらに次を目指す方が理想だと感じます。なんか素敵でしょ?気づかないうちに見える景色がかわってるなんて。
すこし高いところからの眺めは素敵に決まってる。

私は次にどんな景色が見たいのか。
ムキムキ筋肉の自分の姿なのか(笑)チガウwww

それを追い求める事自体が目標なのかもしれません。
それこそ人生をかけて。ですね。

私の作ったお菓子を食べた人の幸せな笑顔を増やす事。それを見たい。
本当に月並みな言葉ですが、それに尽きます。

DSC_6473

DSC_6473

もう、幸せで震える。。。

大きな変化についていけない私ですけども、大きな事は何もできないですけども、小さな歩みを進めていきたいです。

よろしくおねがいいたしますm(__)m

光の原理

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁、長尾久美子です。
冬らしい曇り空の一日。光が弱いと外はグレーの世界。

 

何もかも、正しいか間違ってるかを決めようとするのは傲慢で。

白か黒かじゃなくて、グレーの濃いか薄いのあいだ。

絵を描く時に考える色の原理は光の原理。

好きな人の中に嫌いもあって。嫌いな人の中にも好きがあって。

だから嫌いな人も100%嫌いにはなれない。

好きな人も、いくら200%好き!!!!!!!!って思っても、

それは実は違うんだな、残念ながら(笑)

どんなに素敵な人でも、必ず欠点はあるけどわざわざそれを探さなくてもいい。

いいところだけ見ればいい。欠点はご愛嬌(^^)

太陽にも黒点があるけど、それは他が眩しすぎて見えない。

長所を輝かせればいいね(^^)

そしたら、ほら

 

DSC_5503

DSC_5503

こんなにも幸せ♡
おわり(笑)

ダイエット経過報告2

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁パティシエ、ナガオクミコです。

今年の5月から続けている一年計画のダイエット。あの筋肉変態トレーナー油田圭介氏のマッスルジムで指導を仰いでいます。

14237621_952391004883008_2868931028242972613_n

※重たいもの持つのが好きみたい!(笑)

IMG_4804

※ご飯も好きみたい!(笑)
今はちょっと色々忙しくなって通うのが月イチになったりしてますが、筋トレの指導と毎日の食事についてSNSでサポートを受けています。半年が過ぎました!やや停滞気味ではありますが、なんとか続けて緩やかに体重は落ちています。

ちなみに前回の報告ブログはこちら

 

 

 

それでは途中経過発表です!!!

 

DOg6v9YVoAArFq0

これあかん。。。

23380127_2046440388972890_6144904198141731981_n

あごが分かるようになった(笑)
コックコートもワンサイズダウンしました。

 

マイナス20キロです(*’ω’*)

目が開けやすくなったのよね( *´艸`)

 

ダイエットを始める前、最初にトレーナーと打ち合わせをしました。
どれくらい痩せて、どうなりたいか。って

油田トレーナーはマイナス35~40キロも可能だとおっしゃいましたけど、私はそれが夢のような数字だと感じて、マイナス20㌔でもいい。いや、10キロしか痩せられなくてもそれはもう大成功だと思っていました。自分に甘いと言うより、こんな私がそんな大きな目標を語ることがおこがましいと思ったんですね。変な謙遜です(笑)

今、マイナス20キロですから、当初の私の目標はクリアしたことにはなるんですが、

しかし、

しかしですよ。

 

 

 

標準体重にはまだほど遠いのです。。。|д゚)

という訳で、ここから後半戦。また気持ちを入れ替えて頑張ります。
標準体重は、病気と一番遠い数字。油田トレーナーはここにこだわったんですね。
はい、残りマイナス10~15キロを駆け抜けたいです!!

さて、ダイエット方法なんですがマッスルジムのダイエット方法はとにかく筋肉を落とさない事。そのために筋肉の材料となる良質のプロテイン、筋トレを重視します。
私のように筋トレ未経験で、たっぷりの脂肪をつけていた場合、 極力筋肉を落とさないよう脂肪を落とし、それと同時に必要な筋肉を強化していく。
まるで体をデザインすることができるかのように作っていってる感じがします。

上の二枚の写真。ダイエットする前の私が今でもそのままだったらと考えるだけでも怖いです。立ち仕事が相当苦痛になっていたし、仕事終わりの疲労感もすごかった。この先長くは続けられないと言う事に薄々気づいていながらどうしようもなかったんです。

年齢的にもこの先、やるかやらないかで大きく差がつく世代。特に女性は筋肉が落ちてしまうと一気に体も気力も衰えます。

DIDbv2aUQAI3J1P

ほんとにこんな顔で筋トレを見てくれます💦

さて、この年末年始をどう乗り越えるかがカギです。

ユダマッスルジム なんばのお隣の駅、桜川からすぐ

コース 

地図

IMG_5805-397x540

※油田作

これ、まるでマンションから道頓堀川に飛び込む感じになってます!!

阪神ファンか!!(笑)

はい、矢印が反対ですね(笑)
ご静聴ありがとうございました。

 

後悔なき人生

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街の小さなお菓子屋モンガトウの嫁で菓子職人、ナガオクミコです。

文章では比較的よく語りますが、会えばおしゃべりはへたくそです(笑)
頭の回転としゃべりのテンポがスローです。でも笑いの勢いは強めです。なにこの自己紹介(笑)

 

人生の終わりに後悔したくない。って話をよく聞きます。
だからやりたい事をやるんだって。やりたくないことで回り道したくないって。

でもね、最短距離を行けない人生もこれまたいいんじゃないかなって思う今日この頃。第一まったく後悔のない人生なんてあるのかな?
無駄だったと思うものの中にこそ、その人の魅力を作り出してる何かがある。
きっとある。やりたくない事を我慢してやれって意味じゃないけど。。。

 

dsc_7954-1265640808.jpg

レモンのお星さまのクッキーを焼きたい。

dsc_7953-1827293381.jpg

一輪だけバラを入れたい💕

23319503_2044488849168044_4658797072999887431_n
あの有名なフランスの飛行士で作家のサンテグジュペリの「星の王子様」はたった一輪のバラを大切に育てるんだった。

この缶にも一輪だけ小さなバラが隠れています。

dsc_7955-482762711.jpg

え?

え?

あれ。。。。

 

まあ、こんなもんですよ(;´∀`)失敗ですね。
お花になってるし(笑)

レモンの果汁の入れ過ぎか?
空気の入れ過ぎか?
とにかく失敗であることには違いねえ。。。。。。

これ2回目ですよ。3回目の計量をしながらふと思う。
人生疲れるな。。と。

この缶を心待ちにして下さってるお客様の期待缶、ひしひしと感じております、はい💦

失敗の回り道は無駄ではないとここで言いたかったんですね(笑)
けっきょく自己弁護やんかーーーーー!!!
一回目で成功するとそれはそれは仕事の効率は上がるのですけどそううまくはいかないよーーー。

ここで今一度おさらいです。
無駄だったと思うものの中にこそ、その人の魅力を作り出してる何かがある。

 

ご唱和下さ―――いい!!!
(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

私の魅力はなんだろなーーーーー。
失敗をさらけ出してみんなを安心させられることかなーーー?

と、そんな事を思いながら今日もお菓子を作るのでした。。。
おわり

 

きょうのお料理

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街の真ん中あたり、小さなお菓子屋モンガトウの嫁で洋菓子職人、ナガオクミコです。

テレビはあんまり見なくなりましたけど、NHKのお料理番組が好きです。
「きょうの料理」の後藤さんのダジャレとか、平野レミのザツ過ぎる料理(笑)、土井善晴先生の紳士な料理には魅了されます❤

土井先生は日本料理っていう印象ですけどフランス料理にも精通しています。今日録画してあったのは伝説の「塩むすび」の回の再現。ただ塩だけのおむすび。それも形よく握らずに大きさもまちまちで、ほろりとほどけるご飯粒。
この塩むすびについて土井先生が口を開くと、日本の古くからの食文化、日本人の精神、食べ物に対する敬意が語られてどれもこれも惹き込まれるんです、善晴ワールドに。ただの塩むすびひとつからこれだけの世界が語れる。それはもう土井先生が経験してきたすべてが集積されているんだろうと思います。

土井先生はフランス・スイスで料理の修行もされています。日本以外から日本を見てあえて日本に帰ってくる。この考え方も好きなんです。
自分の国の素晴らしさは、一度そこを離れてみて分かる。外から日本を見る経験は貴重です。

私は昔、土井先生のお父さんの土井勝先生時代から好きで、短大を卒業してすぐ「土井勝家庭料理研究所」のアシスタントの募集を見つけ電話したことがあります。ネットもメールもなかった時代。就職は学校の求人の紙を頼りにしていた時代です。私のための求人だ!!!と飛びついたんですが、なぜか担当者が出張から帰って来ない。っていう謎の理由で断られました。ちーーん。。(笑)

料理の素晴らしさを語る土井先生の口調。優しい時もたまに辛辣な時も(笑)
料理から人生の素晴らしさを語る。私もそんなお菓子職人になれたらいいなぁ。。ものすごく遠いけど(笑)
そんな夢を見ながら今日もお菓子を作っています。夢見がちです( *´艸`)フフフ

土井先生TOP

土井善晴先生

若い時よりカッコよくなってるし!!!❤

テレビを見るたび、柔らかい口調をマスターしたいと真似してみるけど、なぜか

mig

この変なニセモノのほうばかりのりうつってきちゃうという悲劇。。。

アカン、
関西人、お笑いに走ってしまう(笑)

今日はここまでです。
ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

笑い声

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋モンガトウの嫁で菓子職人、長尾久美子です。

若いころからパティシエになろうと思っていたので、他のお仕事を経験したことがなく今になって自分の視野の狭さに呆然としています。
経験もないうえに、人と関わって来なかったので世間を知っているようで知らず、自分の狭い世界だけで生きて来たのだと感じています。(あ、ずっとパティシエをしてきた人でも頭の良さや想像力で視野が広く、頭が柔軟な人もいっぱいいますよ)

それに気づけたのはSNSから頂く人の繋がりから。
SNSを始めるまでは、それにさえ気づいてなかったです。

今、仕事のあり方などを勉強しているセミナーではこんな考えがあります。

一見仕事と遠い事。関係ないと思われる事。その中に価値が潜んでいる。
それを仕事に絡める事で、その人の独自の価値が生まれる。と。

この考え方が好きです。本当にそうだと思います。
子どものころから好きだったことは、何かを作る事。
本好きなのも中学生まで。それ以降は学校図書のお勧め文庫(いわゆる純文学)があまりにもつまらなく、一気に興味を失いました。だから中学生並の語彙力で今も生きてます(笑)

SNS上ではおふざけが大好きなんですが、実際会うとつまんない奴です。期待しないで下さい。シャイでコミュ障ぎみです(笑)

コミュ障って言葉を始めて知った時、なぜか救われた気がしました。
体の不調に悩む人が、やっと病名が分かった時のように(笑)
これや、私これなんや。って(”◇”)ゞ
私の他にもいっぱいいるって事です。
めっちゃ気持ち分かりますよ(笑)

キャプチャ120

 

作家の辻仁成さんのツイッターが好きです。
息子さんに宛てる内容ですが、すべての人に対する愛情で溢れています。
コミュ障でもいっか!って開き直れます(笑)

私は人のいいところを探すのが得意です。たぶん。
運よく好きな人に囲まれてるだけかも知れませんけどね。

そういう人達の笑い声をひとりひとり覚えておくんです。
意識して聞いておかないと意外と思い出せないから。

笑い始めの赤ちゃんみたいな声で笑う人。
ハハハって軽い笑い方の人。
高く明るく笑う人。
ぐひひってイタズラっぽく笑う人。
大きな声で笑う人。
色っぽく鼻にかかる声で笑う人。
屈託なくクリアに笑う人。
次の冗談を考えながら笑う人。
(これ全部実在ね笑)

覚えておくと、いつでも思い出して幸せになれる。

あなたの笑い方はどんなですか?
自分の笑い方って分からないですよね。
覚えてもらえるように、今日もいっぱい笑いましょ!

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

東大阪市下小阪5丁目6-4 パティスリーモンガトウ
06-6724-2846