奇跡の星

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店モンガトウの嫁、長尾久美子です。
7月7日は七夕ですね。

梅雨の時期ですから、
なかなかこの日は晴れた星空を見ることが難しい・・。
晴れていたとしても、
湿度の多い空気が星からの光を邪魔して
しまってすっきりした星空は望めないですね。

 

夏の夜空を彩る夏の大三角は1等星なので都会の空でも見えます。

 

どんなところにいてもずっと静かに見守ってくれる星は、孤独な時も見上げるだけで心を支えてくれます。存在感は示さずに、ただ黙って見守ってくれて無償の愛を注いでくれる家族や友人のように。宇宙にあるものは全部そんなパワーを持っているように思います。

心がカサカサしてしょうがない時、星の存在を忘れそうな時、それでもやっぱり星は頭上で光っている。それに気づくと幸せが降り注いできます。

宇宙のメッセージ

こんな事を書くと、宗教なのかと思われるかもですが、宗教とも関係なくそれ以前に私たちが宇宙から生まれたことは事実で、一人一人の役割を天から与えられてこの世にいると思えます。

空を見ると、本当にそれはもう自然に。

 

大きな宇宙の小さな星、地球に生まれた私達のひとりひとりがみんな唯一無二の存在で、すべてが尊重しあい、愛に包まれて
生きていく価値があるのだと星が教えてくれます。
こうして私達が生まれて、出会って、生きていることが
すべて奇跡ですから。

こうして私のブログをあなたが今読んでくれている奇跡。

宇宙に感謝です。

 

さあ、ここをクリックしてモンガトウにお布施を→💓

(ワンクリック1000円)

 

ってウソですwwww( *´艸`)

 

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

日常のなかの非日常

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人、長尾久美子です。
長年、ケーキ屋をしていてもこういう場面を目の前にすることはほとんどなかったのです。

 

DSC_6112

DSC_6112

DSC_6113

DSC_6113

なんか胸が熱くなりました。

(これは先日行われたお菓子缶の清水社長のバースデーパーティーでの一幕)

私達ケーキ屋は、あくまで裏方。
ケーキをお渡しするところまで。ってことが多いです。
そしてその裏方を良しとしてきた。
その後のことは、想像することは出来ても、実際目にすることはほとんどありません。

 

ケーキが出てきたときの歓声も。

照明を落としたローソクの明りも。

その明りに照らされたたくさんの笑顔も。

ハッピーバースデーの歌声も。

 

この愛に満ちた空気をほとんど見たことがない。

 

でもね、その場面に登場するケーキを作る事を生業とする事。
その幸せを感じながら、仕事出来ればお客様も自分も幸せになれるに違いない。

 

ついつい毎日のようにお誕生日ケーキを作っていると忘れてしまう。
それがもはや日常だから。
そんな日常を非日常に変えてくれる。そんな場面を目にしたことは私にとってとても貴重だったのでした。

DSC_6116

DSC_6116

食べ物を作るお仕事をしている人の働く姿を見るのがすごく好きです。
あっという間に切り分けてしまうディアモクッチーナの金子文紀シェフです。

西宮、ディアモクッチーナさん
絶品イタリアンです!!!

 

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

 

 

痛みについて考えた

東大阪のモンガトウのナガオクミコの八戸ノ里です。

なんか全身痛くて何も考えられません!文章だっておかしくなります。
昨日のハードな筋トレのお陰です。。。

痛みというものは何であるか。。
全身が痛みに包まれるなんてことはなかなかないので、頭の中が痛みに支配されるとき、いったい何が起こってるのか考えました。

普通、痛みというのは体からの警告の信号だと思うのです。
ここ、注意しなさいよ!

ここ、痛めてますよ!

指、挟んでますよ!

頭痛いのは寝不足じゃないの?

腰、それ以上使うとギックリになるよ!

それを脳に伝えて体を守る対処をしてもらうために発する信号。
ずっとそう思って生きてきました。だからケガを避けて生きてこれたんですよね。

さてそこからですよ。問題は。

筋トレで筋肉痛が起こった時、生活に不自由ですよね?
気持ちはネガティブに、仕事へのモチベーションは限りなくゼロに、なんか座ってできる仕事を探し(笑)、接客ではお客様が帰った途端、ヨボヨボに戻る(;´∀`)

それを避ける方法はないものかと思っていたんです。

なのに筋肉痛で辛いって言うたび、

 

 

「おめでとう!」
「ナイス!筋肉痛!」
「良かったですね♪」
「筋肉が喜んでいますよ!」
「素晴らしいですね!」

 

 

 

 

 

「は!!何言ってんの?」Σ(゚Д゚)

どこからか湧いてくる変態たちが生き生きして言ってる!!(-_-メ)
誰も痛みについての対処法とか教えてくれない!

 

痛みが嬉しいとか、私はまだまだそんな心境にはなれません。
痛いものは痛いんです。
痛みを与えるものは敵です!

31b3a92b0a

 

きっと明日も痛いんです。
ああ、どうしよう。。。

でもね、気がつきました。
今日は肩が特に痛かったんです。
ううう、イタイ。。。。。。。。。

あれ?

でもね

これ関節の痛みじゃなくて筋肉痛なんだから時間がたてば必ず治るもの。。。
痛みの原因がはっきりしてるもの。
四十肩とか五十肩とか直すのが難しい痛みじゃない痛み。。。
しかもこれが過ぎれば確実に筋力がアップしている(はず)

 

 

 

なにそれ幸せやんか!
痛くて使えなくなるより、幸せやんか。。

ちょっとだけ私も成長したのでした(笑)

 

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m

それぞれの年齢の役割

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子店。モンガトウの嫁で菓子職人、ナガオクミコです。

なかなかいい年齢になりました(#^.^#)
アラフィフですからね、自分でもいつの間に!?
って感じなんですよ(笑)

でもね、当たり前だけど誰でも歳を取ります。
誰にでも若い時があるように。

若かった昔に戻りたい。とか、そんな事をいくら願っても不可能な事です。
(私はあんまり戻りたくないんですけどね)
20代には20代の、30代には30代の、40代には40代の生き方、輝きがあります。
どちらかというと内側からの輝き。
それぞれの世代で出来る事は違います。
それをちゃんと自覚し考えていかないとその年齢なりの生き方が出来ないんだと思います。

フランスではマドモアゼルよりマダムが格上であるように、年齢が上であればあるほど丁重な扱いを受けます。何をするにしてもレディファーストの国は、高齢な女性は頂点の立場ですね。
大切にされている高齢の女性は、自分が大切にされている分、周りにもとても優しいのです。だから余計に大切にされます。

さて、私はもう40代最後のほうに差し掛かりましたけど、フランスのグランマダムに比べればまだまだひよっこの部類です(笑)見習い以下の門前の小僧です(*´▽`*)

周りに優しく、若い人たちを温かく見守れる。人を大きく包むように愛することが出来る。そんな人になれるようにまだまだ人生修行していきたいです(*^^*)

wp-image-1228965416jpeg.jpeg

ってまあ、いつもこんな感じなんですけどね!!!(≧▽≦)

と今日思ったことはそんな事です。
お読み頂きましてありがとうございましたm(__)m

ハニーミルクが飲みたい(T_T)

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋モンガトウの嫁で菓子職人長尾久美子です。

最近始めたダイエットは引き続き継続中でございますが。。。。

私が食事を節制している最中、とおると娘の好き勝手が止まりません。。。
もともとそれほど外食好きではない我が家ですが、私の料理が自分のダイエットでかなりあっさりしてしまうので物足りなくなるんでしょうね。
外食したがります。

しかも、私に一緒に行けと言う。。。

 

「何するの?!ほぼ食べるものないのに行って何して欲しいの?!」

 

「食べるとこ見てて(^^♪」(シェフ)

「お金だけ払う係な(^^♪」(娘)

 

 

それなに?なにプレイって言うん??( ;∀;)

 

こんなひどい目に合ってる私ですが、大丈夫。。
きっと同情してくれる人がいるはず(=゚ω゚)ノ

 

心が寒くなったので、ホットミルクが飲みたい(T_T)
はちみつが入ったのがいい💓
あ、プロテインを牛乳で温めてはちみつを☕
ハニ―ソイミルク♪
ボロボロになった私の心をじんわりと温めてくれる甘いミルク
ぐっすり眠れる(*´▽`*)
それなら大丈夫!きっと大丈夫!!(*´▽`*)

だって私、頑張ってるやん!!!!!

トレーナーに訊いてみる!

 

 

Screenshot_2017-06-28-23-41-49

 

取り付く島もないね。。。。高速でブッた切られたね。。

寝ぼけてるって。。。。

 

なんか!なんか!

つらいわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

フォントサイズ最大(笑)

 

よしっ!!
書いたった!!
気が済んだ!!

このまま寝る!!

ただのストレス発散ブログをお読み頂きありがとうございましたっ!!m(__)m

 

 

 

気まぐれに焼きあがってくるお菓子たち

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人、長尾久美子です。
小麦粉や卵や砂糖の形のないものが一つに合わさって焼きあがってきた時に、

DSC_6005

DSC_6005

その瞬間からお菓子になって、カッコよかったり可愛かったりちょっといびつだったりする表情が面白くて。
ついつい何度も写真を撮ってしまいます。
こういう瞬間の面白さを共有したくてSNSに投稿しています。

これはココナッツのディアマン。表面のざらざらがココナッツです。生地がまとまる限界まで沢山のココナッツをいれたらキレイに切れないのはいつもの事(笑)
なのにずっとこの配合で作っています。
噛んだ時、ざっくりボロボロ崩れる食感が面白いんです。
ディアマンとは縁に砂糖をまぶしてキラキラ光る仕上げのサブレの事。
ディアマンとはダイヤモンドの意味。宝石みたいに輝くから。
誰がつけた名前か知らないけど、きっと相当なロマンティストかお菓子好きに違いない。

 

 

 

DSC_5998

DSC_5998

これもアーモンドが多すぎて、本来は上のディアマンみたいに丸く成型するはずが出来なくなり勝手に四角にして、ブリック(煉瓦)って名前を付けました。お菓子のおうちに使えそう(*´▽`*)

DSC_6010

DSC_6010

ほら煉瓦っぽくない?

DSC_6012

DSC_6012

アーモンドパイは石畳みたい。

焼きあがりの写真はないけど、これも劇的に変わってオーブンから出てきますよ♪
パイだから上がり方が本当に気まぐれで、形を揃えて切ったつもりでも大小さまざまなのが焼けてきます(笑)

そんな焼き菓子が面白い。梅雨にはメレンゲが出来なくて悔しい。
ソフトクリームのトッピングのメレンゲが作りたい。

 

はい、今日は完全に私の趣味みたいなブログでした(笑)
焼き菓子のかわいさが少しでも伝われば嬉しいです。

お付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

めんどくさい自分

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋、モンガトウの嫁、長尾久美子です。毎日あれやこれやとSNSに投稿し続けています。

目立ちたがり屋なのかと言われればそうではなく、恥ずかしがりの自意識過剰なため、目立つことは苦手なのです。SNSの中でだけ少し自分を切り取って見せることが出来ます。

表現する事自体は好きです。
なんか矛盾するような?(笑)

自分を取り巻く世界は複雑で難解で。でもそれは確かに私達大人が作り出したもの。
それなら、その難解さも軽やかにすり抜けて笑って進めるように、自分の生き方を選んでいきましょう。
自分は何がしたいの?

って悩む若い人は多いと思います。
もう若くない私だって、今も思う時があります。
心に聞きながら進むんです。

それは本当に正しいの?
自分にウソはついてないの?
自分にとって正しいかどうかです。

時々立ち止まって考えます。そんな時間が必要です。

あまりに仕事に追われ続けると、それを考える暇がなく自分と心がかい離し始めます。そうなるのがすごく怖くていつも足がすくみます。はい、仕事が出来るタイプではないんです結局(笑)
「もう少しメンタルを鍛えないと、お前はやっていけない」って言われました。昔お世話になっていたシェフに。
そう言いつつ、でもお前はしょうがない。ってあきらめの色も感じましたけど。

そんな自分が一番めんどくさいと思ってるのは私自身だったりします。しょうがないですね。自分を放棄することはできませんから。

そんな私ですが、なにより失いたくないものは大切な人たちの笑顔。それを見るためにやるべきことを考えます。私になにか出来るはず。

写真がないので、ある日の朝ご飯の写真を貼ります。

DSC_5576

DSC_5576

まったく関係ないね(笑)

お読み頂きありがとうございました。

 

自分の原点を見る事

東大阪、八戸ノ里のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人ナガオクミコです。
先日のお菓子缶工場見学とセミナーで、私が聞いたこともないような経営のお話が聞けたので、書き出してみるといいって言われたことを書いてみました。

正直、これを書く前は何を書いていいかさっぱり浮かばず、書けないんじゃないかと思ったんです。頭の中には漠然とあるものの、言葉にして文字にしてみることなんて考えませんでした。

でも実際書いてみると、だんだんと頭の中に浮かんでくる。次々と。

 

DSC_5923

DSC_5923

DSC_5924

DSC_5924

自分の原点を思い出し、目的地がどこなのか見えてきました。

この仕事を始めた時、いっぱいいっぱい夢がありました。
考えるだけでワクワクしていてもたってもいられなくなって、夜中にケーキを焼きだすという謎の行動を起こしたり(笑)若いですね。
青い夢でしたけど基本的にそれは今も変わっていませんでした。

それを仕事の原動力とするために。
私の挑戦は、まだこれからです。
やっと始まったばかりです。(おそーーーーーーーーー!!(*´▽`*))

幸せな菓子職人人生だったって言いたい。人生の最後には。

 

そんな事を考える機会を下さった今回の講師の北海道の藤井千晶さんと大阪製罐の清水社長に感謝しています。

19247889_628476944018400_551750649654103283_n

真ん中の黄色いカーディガンの女性が藤井さん。モンガくんの元になったソフトくんの生みの親でもあります。
その左隣、スーツ姿のおとぼけ顔いえ、小顔のイケメンが清水社長です(笑)

 

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

シンボルカラー制定

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のケーキ店、モンガトウの嫁で菓子職人ナガオクミコです。

先日の月曜日、久々にセミナーに行ったんです。
お隣の駅、若江岩田にあるお菓子缶メーカー。
大阪製罐さんの工場見学とセミナーです。

そこでゲスト講演者は北海道の藤井千晶さん。倶知安にある和洋菓子店のオーナーです。
まだ30歳代と若いのに、お店の経営に手腕をふるい自分のお店のみならず地域までも盛り上げています。

お菓子のふじいHP

そこで重要な事はもうほとんど全部のような気がしたんですけど
その中で、ひとつでも72時間以内に実行することが大切だと教わりました。
講演する人は、聞く人に対して「お役に立ちたい!」って気持ちが強いようで「実践して成果を上げています。」って言葉が嬉しいとよく耳にします。

おいそがしいのに講演を引き受けて下さったご恩に報いるためにも、
ここはひとつ!
実行に移そうと!

「お店のシンボルカラーを設定すべき」というアドバイスに従って。

それを聞いた時、何となく緑が浮かんだんです。一番好きな色かもしれない。
私が好きな植物の色。

 

19275071_1970774389872824_1705566535545686424_n

 

はいキターーーー!!
緑のおじさん!!!(≧▽≦)

っていうか黄緑色(;^_^A

お友達の酒屋さん、香川県のタニーズの中川さんから送ってもらった甘酒がおいしい!!😋の図。

タニーズ 中川さんのブログ

はい、ご恩に報いたい気持ちはあるのにおふざけに走ってしまう。
もうしょうがないですね💦
すみません
(でも緑が好きなのは本当なんです)

今日もお付き合い頂きありがとうございましたm(__)m

父の日

東大阪、八戸ノ里(やえのさと)商店街のお菓子屋モンガトウの嫁でお菓子職人ナガオクミコです。
結婚してここに住むようになって20年が過ぎました。

今日は父の日でしたね。
父の日ケーキを作りながらも、なぜか自分の父の顔は浮かばない。そんな薄情な娘ではありますが。

私が子供の頃は、父はすごく厳しくて、友達の家に泊まることはもちろん、友達と夜店に行くことも許されず、門限もバカみたいに早かったです💦
口うるさくて煩わしいと思っていました。なんでもダメだと言われました。なんでうちだけこんななんだろうって父を恨んでいました。小学生の分際で(笑)

今ではいつも何かしら私を心配をしています。そんなに心配される年頃でもないですけどね(*^^*)いくつになっても娘は娘ってことです。

性格や顔、体質までも私は父によく似ているようで、父の手先が器用なところも少し受け継いだみたいです。今、それで仕事をしていますからありがたいと思います。

o0300020013691972158

o0400026713691972072

o0480032013691971955

まったく及びませんけどね💦

私に遺伝するまでに10パーセント程度には薄まった感じですね(*´▽`*)
うすーーーーーーーーー!!

さて、私もまだまだ修行が足りないみたいです。
どうかまだ成長しますように(^^♪

今日もお読み頂きありがとうございましたm(__)m